~趣味の世界~
Magpul PTS MOEトリガーガードです。

Magpul PTS MOEトリガーガード
電動ガン用の黒。

Magpul PTS MOEトリガーガード
こんなのわざわざつけなきゃならんもん?という疑問は毎回湧くのですが、やっぱこれをやらないと達成感が足りないというか・・・

Magpul PTS MOEトリガーガード
内容はトリガーガード本体とスプリングピンとイモネジ。以前FGカラーのものをつけていたので色が変わるだけです。ポン付けOKなのも確認済み。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
それでは取り付けにかかりましょう。まずは爪楊枝などでトリガーガードの前側の横穴をつつきます。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
押しながらトリガーガードを動かすとカチンと外れます。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
次にグリップ側のピンを抜くのですが、抜く方向は左側です。右側から押して左側から抜かないとこうなります。(やらかしました・・・)分かりにくいですが、うっかり左から押したところペキッという音と共に右側のレシーバーの受け部分の穴の下が割れてしまいました。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
うっすらと穴から下(上の写真だと穴より上方向)に1本ヒビが入っています。ここの穴は左側より右側の方が僅かに小さくされていてピンの抜け止めになっているためです。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
ピンを抜くとトリガーガードが外れます。壊さなければここで次に取り付けにかかれるのですが、やってしまったものはしかたありません。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
とはいえここはそんなに力の掛かる部分では無いのであまり深刻にならず、慌てず騒がず補修にかかります。ヒビに流し込みタイプの接着剤を染み込ませ、アロンアルファをヒビを覆うように塗ります。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
接着剤が乾いたら取り付けるトリガーガードを載せます。MOEトリガーガードはグリップ側をスプリングピン、マガジン側を右側からイモネジで固定する取り付けです。スプリングピンはやや拡がり気味で取り付けにくいのでペンチなどで潰すようにして縮めておくと作業がしやすいです。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
スプリングピンを左側から差し込んで押し込み、イモネジを六角レンチで締めて完成。ピンを押し込む時はハンマーで叩いたりすると今回のようにヒビで済まない場合があるそうなのでプライヤーなどで挟んで押し込んだ方が良いでしょう。

マルイスタンダード電動M4トリガーガード交換
MOEトリガーガードは標準のものにくらべ下側へ湾曲しており、トリガーへの指の入りがスムーズになる他、トリガーへ指をかけずトリガーガードへ這わせている時に冷たくない(これからの季節は割りと重要?)、材質がデュポンポリマー樹脂なので僅かながら軽量化できる、といったメリットがあります。ただその多くは無いメリットと格好のために1200円くらいするパーツをわざわざ買う必要があるか?そこは好み次第。一応レプリカが500円くらいで売られていますが、人気が無いのかあまり入手性は良くありません。何かのついでに買うパーツ。

ネビュラ ファントムQDタイプステンレスフラッシュハイダー
次はハイダー。ネビュラのファントムQDタイプステンレスフラッシュハイダー(正ネジタイプ)。

ネビュラ ファントムQDタイプステンレスフラッシュハイダー
安かったし、ついでに・・・

ネビュラ ファントムQDタイプとM4 2000 QDタイプ
マルイM4には同じネビュラのM4 2000 QDタイプステンレスフラッシュハイダーが装着されています。買ったのは同じところなのですが、2000円!安い!と思って買ったら一緒にならんでたファントムQDタイプの方はその後1000円、500円と半々になっていきました・・・ステンレス製ですがステンレスにも色々あり、これは着色が出来る代わりにサビるタイプのステンレス。ステンレスというとSUS304がポピュラーですが、あれはサビないかわりに色は茶色味掛かった銀色から染める事も塗装も出来ないという難点があります。

ネビュラ ファントムQDタイプとM4 2000 QDタイプ
パッと見では形状の差は少なく見えますが、ハイダー前方から覗くと結構印象が違います。ファントムQDタイプは先端が薄く、内側が広くなっています。インナーバレルの遊びが多く銃口からハイダー内にぶつかるほど散る可能性がある銃(アウターバレルに対してインナーバレルが短い場合など)にはこの内側の広さが安心につながるかもしれません・・・

ネビュラ ファントムQDタイプステンレスフラッシュハイダー
ネジはM14正ネジなのでG&Pのアウターバレルなどに適合します。付け根が大きいのでM4標準のバードケージハイダーより大柄な印象になります。

特に変わり映えせずパーツを余らせるのも安いときにせしめておくのもまたM4地獄。余ったパーツを付けるために銃を買う、という不条理が起きるのもM4地獄。





244  243  242  241  240  239  238  237  236  235  234 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索