~趣味の世界~
マグプルACSカービンストックのレプリカです。(3780円)

マグプルACSカービンストックレプリカ
レプリカは大抵袋入りかヤレた箱に入っている事が多いです。

マグプルACSカービンストックレプリカ
外箱からは何が入っているかわかりません。箱の大きさはMagpul PTSのCTRカービンストックの箱と比べると幅と奥行が同じくらいで高さが一回り大きい。

マグプルACSカービンストックレプリカ
中身はストックとプラ製のダミーカート。袋もなく直に入っていました。説明書その他はありません。

マグプルACSカービンストックレプリカ付属のダミーカート
プラの質があんまり良くなくて先っちょがあっさり欠けてしまいました。まあオマケですので。

マグプルACSカービンストックレプリカ
ACSカービンストックレプリカ本体。LMTタイプストックと同様にストックチューブと並行して筒状の収納が左右にあるのが特徴。右側面後方にはドア付きの収納もあります。中央のレバーの後ろにある穴はQDスイベルの穴(別売りオプション)を取り付ける穴で、標準ではただの飾り穴です。

マグプルACSカービンストックレプリカ
左側面には後方のドアが無くちょっとそっけない様子。

マグプルACSカービンストックレプリカ
右側のドアを開けたところ。物を入れてもカラコロ音が出がちなのでビニールの小袋に入れるなど工夫すると良いでしょう。ここにはストック着脱用工具(このレプリカには付属しませんが、Magpul PTSのものには付属します)や六角レンチなどを入れておくと便利でしょう。ストック前半のフリクションロックは可動はしますがMagpul PTSのCTRカービンストックのもののように動作はしっかりしておらず、割とブラブラしていて機能はしていません。ただ形状は一応機能させられそうな雰囲気はありますので分解して調整すれば機能させられる可能性はあります。

マグプルACSカービンストック
ストックチューブと並行して左右にある筒状の収納の後方に取り付いている部分はゴム製で、ここがフタとして機能しています。下側から持ち上げつつ後方へずらして行くと抜く事ができます。筒の中は穴などは無く、フタは簡易に機密を取る形状なので多少の防水機能が持たされています。水没させると浸水しそうですが、雨で濡れた程度なら大丈夫かな?

マグプルACSカービンストックレプリカ
インテュオス3のタブペンを筒の奥まで突っ込んだところ。ボールペンくらいなら入れられそうです。単三電池なら2本。セパレートバッテリーは太くて入らない感じ。

マグプルACSカービンストックレプリカ
バットプレートを外したところ。バットプレートはプラの外側をゴムで覆っているもので、CTRカービンストックやMOEストックなどに付いているものと同等品です。バットプレートを外すとストック後面には右側面からのドア付き収納とストックチューブの後端が抜けています。

マグプルACSカービンストックレプリカ
バットプレートを外すと両側面の収納部分が後ろへスライドできるようになります。

マグプルACSカービンストック
いっぱいに後ろへスライドさせると取り外す事ができます。ただしLMTタイプストックのように筒を外した状態で使えるようにはなっていません。

マグプルACSカービンストックレプリカ
ゴムのフタは外れるといえば外れるのですが、180度反転して内側から固いものでギューッとつついてやる必要があり結構大変。

マルイスタンダード電動M4標準ブッシュマスタータイプストックとマグプルACSカービンストックレプリカ
マルイスタンダード電動M4に標準のブッシュマスタータイプストックとの比較。銃前半のボリュームに対してストックのボリュームが欲しい場合や、ブッシュマスタータイプやCTR・MOEカービンストックをいっぱいに伸ばしても短いという場合にこの一回り大きいサイズが効いてくるでしょう。G&GのCM16などストックチューブが長くていっぱいに縮められない場合などにも。

マグプルACSカービンストック
それでは装着です。レバーを握るとフリクションロックが開いて隙間に現れるロックチューブ(仮称)が下がってくるので太い針金を曲げて作ったストック着脱用工具を引っ掛けます。

マグプルACSカービンストックレプリカ
ロックチューブの左右に穴があるのでここへ引っ掛けて、引っ張りながら銃のストックチューブへ差し込みます。

マルイスタンダード電動M4とマグプルACSカービンストックレプリカ
マルイのスタンダード電動M4へ装着したところ。いっぱいに縮めたところのロックがやや甘いですが、実用レベル。渋さは無く抵抗なく差し込む事ができます。G&GのCM16にも装着できますが、一番縮めたところではロックできませんでした。

マグプルACSカービンストックレプリカ
レバーを握ってスコンといっぱいまで伸ばしたところ。少々ガタはありますが許容範囲かと思います。Magpul PTSのACSカービンストックはCTR同様かなり削らないといけないようです。苦労無くとりあえず付けばいい、という人はレプリカを、手間掛かってもガッチリさせたい人はMagpul PTSのものを買うと良いでしょう。税込み定価17640円とお高いですが・・・

マルイスタンダード電動M4とマグプルACSカービンストックレプリカ
結構大きいストックなので伸縮はあくまで調整でありコンパクトに折りたたむものでは無くなります。

マグプルACSカービンストックレプリカ
幅もあるので腰溜めに構えるとちょっと腰への当たりが悪い感じ。

マグプルACSカービンストックレプリカ
その代わり頬付けした時は曲面ではく平面に近い面が顔に当たるのでかなり安定します。顔の脂が・・・






239  238  237  236  235  234  233  232  231  230  229 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索