~趣味の世界~
E&L AK74Nに取り付けたスコープの調整をします。


AK74Nに標準装備されるサイドマウントベースにサイドマウントを介してスコープを取り付けています。スコープはUFC-JA-5301-BK-OSという型番の1-4倍×24のもの。8千円弱くらい。


前回忘れていたのですがバトラーキャップを外すと接眼レンズ側にはフォーカス調整機能があります。


そのままの状態で。


接眼レンズ側後端を掴んで回すとスルスルと後方に伸びてきます。


いっぱいに伸ばしたところ。あまり変わってるように見えませんが、1-4倍程度の低倍率だとこんなもの無くても十分近距離でもピントは合うのであまり気にしなくて良いかもしれません。3-9倍とかの高倍率のスコープの場合は高倍率だと近距離がボケボケになるのでここでピントを合わせます。


さて撃ちながらゼロイン調整に掛かりますが、この銃はバッテリ―がトップカバー内に入るためサイドマウントを取り付けたままではトップカバーが開けられません。なので一旦サイドマウントを外す必要があります。ちょっと面倒ですがレバー一本操作するだけで外せるのでここは割り切りましょう。


標準マグだとすぐ弾切れして弾道を撮影できなかったのでちょっと邪道ですがAK47用の多弾マグを使います。この多弾マグはCYMAのAK47タクティカルに付属のもの。後ろ側のロックが音もなく掛かるので「あれ?ちゃんと固定されてる?」って装着感ですが、ちゃんと固定できており給弾もできています。


1倍(1.2倍?)。距離は15m程度ですが、スコープ本体の上と右にある調整ダイヤルをカキカキ動かしてレティクルの中央へ飛ぶように調整してゆきます。


4倍。ちょっと振動でブレちゃってますが、レティクル中央へスパスパ飛ぶようになりました。


@@@



木と鉄のAKがこんな精度良いのはイメージじゃないかもしれません。しかし、どんな銃でも狙ったところに弾が飛ぶのは撃って楽しむ上で重要な要素。「難しい」を楽しむのももちろんアリですが、そこは上級者の方にお譲りします。私はヘタクソなので腕前を銃が補ってくれた方が良いです。

E&LのAK74Nを買った直後にちょっと撃った後長らく放置してたので暖かくなってきたのもあってちょっと庭撃ちしてみると、やはりアイアンサイトもいいけど折角中々良いグルーピングなのでスコープ運用もしてみたくなるもの。元々それを見越してサイドマウント付きを選んだのですから、これのためのスコープとマウントを用意してやりました。

まずはAK74 サイドマウントベースです。



安いやつでいいやん・・・と割と適当に選んでしまいましたが、形は以前SVD-S用に買ったのと同じなので機能的には心配なかろうと。


開封。ただし今回は銃側に取り付けるサイドマウントは付属していません。もう付いてるし。



2本のアームで銃の左から真上へ台座が伸びており、その上にレイルがネジ留めされているタイプです。ネジを外してレイルを前後入れ替える事で、上画像の状態よりもレイルを後ろへ寄せる事ができます。なのでアイレリーフがめっちゃ近いスコープでも安心。


SVD-Sに付けてスコープを載せているものと。このスコープは安物の割にまあまあ使いやすくはあるのですが、ちょっと倍率が高い割にフォーカス機能が無いので高倍率を使う機会が無い(庭撃ちでもせいぜい20mまでなので・・・)のと、対物レンズ側がでかくてあまり格好良く無いのが惜しいところ。あとは・・・銃の方が・・・その、カスなので・・・


SVD-Sに装着するために干渉部分を必死こいて削ってやっと取り付いたので裏側は見た目が酷いです。較べると全く同じというわけではなく、微妙に違いがあります。


試しにSVD-Sに取り付けてみます。どうせどっかで引っ掛かって・・・て
オイ
オイ
オイ

ポン付け出来ちゃったよ・・・


さてAK74Nの方へ取り付けましょう。サイドマウントってやつはメーカーごとに微妙な誤差があるのか、他のサイドマウントに合わせて付けたやつを別のサイドマウントに付けようとするとユルユルだったりキツかったりします。そのため初めて取り付ける時や違う銃から相互利用する時は調整する必要があります。


調整はマウント裏側のスプリングの下の四角い押さえブロック(仮称)を上側に押しながらその下にある歯車の付いたナットを締めたり緩めたりして調整します。ユルユルな場合はナットを締めて銃に取り付けてレバーを締めて、揺すって動かなければOK。レバーを締められない時はナットを緩めてゆきます。


無事取り付きました。SVDなどのサイドマウントと違い止まる位置が無いのですが、大体マウントの前後にベースの前後のリベットが見えている、上画像くらいが定位置になります。


レイルは銃の真上に来ます。アイアンサイトは微妙に使えない位置になってしまうので、載せた光学サイトがトラブルで使えないからとアイアンサイトにスイッチする時はマウントごと外す事になります。


次は上に載せるスコープ。1-4×24 R/Gイルミネーションスコープというやつです。


TAC ONE 12424IRのレプリカ、という感じのやつです。


S&T・・・


開封。


内容はスコープ本体、マウントリング2個、マウントリング用のレンチ、クリーニングクロス。対物・接眼レンズにはバトラーキャップが標準装備されています。


チューブ径は30mmで、スコープとしてはやや太い印象。ただし対物レンズがどーんと太くなっているやつよりは個人的に好み。パッと見は小さく見えますが、寸法的には全長:約263mm、全幅:約65mm、全高:約51mm と案外大きいです。重量は417g。


倍率は1~4倍となっていますが、正確には1.2倍~となり、一番低倍率側にしても若干像が拡大されています。


4倍にしたところ。ダイヤルは重いです。


中央には上に上下のレティクル調整、右に左右のレティクル調整、左にイルミネーションのダイヤルがあります。レティクル調整ダイヤルは軽めでカキカキとしたクリックがあり、操作感は良好。調整しろがどれくらいあるかはまだよく見ていませんのでいずれ・・・


イルミネーションダイヤルはかなり重い・・・レッドとグリーンの発光で輝度は5段階。


ダイヤルのフタを外すとCR2032電池が出てきました。テスターで図ると3.3Vくらいで一応使えそうです。(電池が入ってなかった事はあれど、切れた電池が入ってた事なんて無いですが・・・)


バトラーキャップはスプリングがやや元気めで調子良く開きます。銃は立てて保管してるのでこれが付いてるととても助かります・・・


マウントリングをとりつけたところ。AKのマウントに取り付けるにはもう少し低くてもいいくらいですが、ローマウント付属だとM4に付ける場合使えないので、これくらいがベターでしょうか。


1倍(1.2倍?)の見晴らし。視野はまあ、普通ですね。アイレリーフは5cmくらい、レティクルはクッキリ見える方でしょうか。



この2枚は何を伝えようとしたのかよくわかりません。


レティクル発光。暗い・・・一応赤で最大輝度ですが、暗い・・・対物側のバトラーキャップを閉めると確かに光っているのですが、集光タイプのACOGレプリカの発光並み。

緑発光、のハズ・・・まあスコープのイルミはオマケ程度だと思うと良いでしょう。ドットサイトと違いビカビカ光りまくってもあまり役に立ちませんし。


4倍にしたところ。上写真だとピントが合ってなくてぼやけていますが、実際にはちゃんとクッキリ見えます。


マウントに載せ、バットプレートを肩に当てて見やすい距離を探ると大体取り付け位置はこれくらいか。人によってはもう若干前に取り付けたいと感じるかもしれません。


銃に取り付けた状態での見晴らし。1.2倍だと下にちょっとフロントサイトが見えます。


4倍。フロントサイトは視界に入りません。この日は撃ってゼロインまでは出来なかったのでまた今度。



そもそも何でこのスコープかっていうと、PSO-1ぽくしたかったというのもあります。木と鉄のAK74にスコープも中々カッコイイですが、やっぱSVDとPSO-1はちょっとズルイ。カッコ良すぎ。


@@@



銃の精度が良ければ良いほど、スコープ運用での射撃は楽しいものになります。この銃は調整モデルとはいえ射撃精度面では手つかずのハズですが、中々悪く無いのでこれから撃って遊ぶのが楽しくなりそうです。(撃って遊ぶ「時間」は中々これがどうして・・・)
AK-M4 6Pos ストックチューブアダプターです。


M4系ストックチューブ大好き人間やな!


これはAKにM4系のストックチューブを介するストックを装着するためのアダプターです。ただし対象となるAKは74系列の、AKS74のような左に折りたたむタイプで、元あるストックの蝶番を利用して置き換えるものになっています。





マルイAKS74系用のストックチューブアダプターは以前から基部だけのものを見かけていたのですが、ストックチューブは電動用を別に用意しなければならなかったり、ストックチューブの生えている位置が下よりだったりしてどうも食指が動かないものばかりでした。これはストックチューブが付属しており、チューブの生えている位置は上よりになっています。この上よりなのが私にとって重要だったのです。CA870チャージャーみたいに上すぎるのはあれだけど、持っているCYMAのAK47タクティカルはチューブの位置が下よりで、しかもトップレイルがあるためレシーバーに対して異様にストックが下にある印象があり、何か横からのフォルムが美しくない・・・という不満をもっていました。


分解したところ。チューブは電動用ではなくガスガン用に近い、基部にチューブをねじ込んでパイプリングで固定するタイプ。重量を量り忘れましたが、全金属製の割には随分軽量です。


取り付ける銃はこちら。マルイのAKS74U、クリンコフです。ウチでは古参ですが、徐々に徐々にアフターパーツが増えていっています。で、これのスケルトンストックが正直あまり好みでなく、金属製で冷たいし重いし伸縮もしないのでいずれ換えたいと思っていました。私はG36でもそうですが折り畳みはあってもいいけど伸縮しないやつは嫌なのです。


このパーツは店の注意書きには「スタンダードな造りのAK74系本体」と対応機種が書かれていましたが、果たしてマルイの次世代AK74系はスタンダードな造りなのだろうか?マルイはよく微妙に実銃と違う寸法にしてパーツ互換性を損なわせてたりするので非常に不安。


うーんどうだろう・・・やってみなければわからん!


ロック部分が若干形が違うけど、機能に関する部分は同じにも見える・・・やるか。


まずは元のストックを外します。ストック基部の蝶番のピンを抜くため、トップカバーを開けます。すると中にあるリコイルユニットを覆っているカバーの一端がピンの上に掛かっています。


上から押して下に抜くならいいけど、下から押して上に抜くんだったら面倒だわ・・・


恐る恐る上から細い棒を突っ込んで押してみると、出てきた側にギザギザが付いていました。上から押して下に抜くので良かった様子。


外れました。


アダプターを蝶番にあてがい、下からピンを挿します。アダプター側の蝶番が上下に小さくて隙間が開きますが、ピンはすんなり刺さります。


ロック部分は普通に固定できています。やった、ポン付けOKなやつだ!


チューブはちょっぴり上に傾いているのですが、AKのレシーバー下面のラインが後方に向けて下がっているせいで強調されるものの、実用上はバットプレートの位置が上がるため都合はよろしい。


部屋に転がってた何に付いてたやつかわからないブッシュマスタータイプを差し込んでみようとすると、これが入らない・・・質感とか汚れ具合から多分CYMAのAK47タクティカルに付いてたやつ?そういやあの銃のチューブは他のストック付けるとガタ多かったし、細めなのかも。


他にも大量にあったハズですが仕舞ってあるのかすぐに見つからなかったので手近にあったマルイM4A1MWSについてたMOEストックを装着してみます。ピッタリ。ただし一番縮めた位置でロックできなかったので、チューブを回して緩め、パイプリングを締めるとチューブが少し伸びるのでそこで調整。すると一番縮めた位置でもロックできるようになりました。



うーん良いねぇ・・・


ストックを畳もうとするとロックボタンに基部側面が当たるので上画像くらいまでしか畳めません。元のスケルトンストックのバットプレート付近にあるロック位置が他のストックには無いので、畳みきれたとしても固定できずブラブラする事になります。まあ畳む機能は考えない方が良いでしょう。


アダプター基部には左右にQDスイベル穴がありますが、ちゃんと機能しています。


仕舞ってあったM4A1MWSに付属のブッシュマスタータイプを出してきて取り付けてみました。ピッタリです。


QDスイベルを押し込んでる時にロックがガクッと外れてしまいました。蝶番の隙間でここは上下にガタついているのですが、下よりになっているとロックが甘くなって基部を左から押すと簡単にロックが外れてしまいます。しかし上よりになっていれば押してもしっかりロックされているので、下側になにか挟んで上下のガタをなくしてやれば完璧そう。


何かいいものは・・・と思い出してつけて見たら丁度いいのがありました。タミヤのRCカー用のCVAダンパーの下側に付くパーツ。ダンパーロッドがねじ込まれる基部を切り飛ばせば丁度いいスペーサーになります。これだからこういう小物パーツは捨てられない・・・


@@@



出来上がり。タクティコーなチューンをAKになど邪道だ!なんて言わないで下さいよ・・・


東京マルイのガスブローバックガン、グロック18C(G18C)です。
G18Cは10禁の電動ブローバックを持っているのですが、それより遥か前の1994年の初めにMGCのグロック18を買ったのが私にとっての初めてのガスブローバックでした。それは1年ほど遊んだ後に内部フレームが割れて動作不能になってしまい、修理しようと名古屋のMGCに電話したら「直したけりゃウチに直接持って来い」と言われ諦めてWAのベレッタM92FSセンチュリオンを買って溜飲を下げた経緯がありました。なのでマルイがどれだけサポート体制を整えても私は「壊れたらメーカーに送る」という考えがありません。マルイは良いメーカーだが、その前に業界トップだったヤツがいけないのだよ!


さて無駄口はこれくらいにして、外箱。発泡スチロールに厚紙の箱を被せた梱包で、化粧箱みたいな高級感の演出はありません。開けるのが微妙に面倒臭い箱よりはこっちのがシンプルでいいかな・・・


開封。発泡スチロールに銃本体はマズルキャップを差し込まれマガジンを別にして収められています。上には説明書袋詰めとピラ紙が1枚。


ピラ紙はマガジンへより多くのガスを注入する方法やマガジンを温める事で快調動作する事が述べられています。
余談ですが前述のMGCのG18は冬に発売されたため、元々ガス消費が大きく温度にシビアだった事からろくに動作しないと雑誌などでボロクソに叩かれ、メーカー各社に「ガスブローバックの新作は冬に発売してはいけない」事を学習させたエポックメイキングな銃でもありました。

説明書。A5とB5の中間的なサイズで表紙込み17ページ構成。











付属品は銃本体とマガジン、マズルキャップ、クリーニングロッド、空撃ち用のアダプター、0.2gと思しきBB弾少々。


銃本体外観。モデルはスライド左にセレクターを有するセミ・フルセレクティブファイアのマシンピストルタイプである18、スライド上にコンペンセイターの機能をもつポートが開けられた「C」。世代は3rdジェネレーションで、グリップにフィンガーチャンネルが付いています。MGCのガスブローバックやマルイのエアコキの方はグリップにフィンガーチャンネルが無く前後にセレーションと左右のパネル調のシボになっている2ndジェネレーション、最近出たマルイのG22はグリップのバックストラップを交換してグリップ前後の太さを可変できるようにした4thジェネレーションです。ヌルリとしてシボのみのグリップである1stジェネレーションは昔MGC用の1stフレームが社外品であったような無かったような?完成品では一つも無かったハズです。


反対側。通常モデルのG17とはスライド左のセレクターの他にスライド上面の肉抜き穴がある違いがあります。G18Cでは上面前半分のスライド開口部からはバレル上面に開けられたマグナポートから噴出するガスを放出する役割もあります。Cの付かないG18ではスライド上面は塞がっており、スライドの前にバレルが突き出ていてその上部にマグナポートが開けられていました。


銃口まわり。アウターバレルは樹脂製で銃口には薄っすらと7条のライフリング表現があります。その奥1cmほどのところに真鍮製のインナーバレル前端が見えます。


フレーム前半。下面にある銀色のプレートはトイガン独自の機能としてセーフティスイッチの機能が持たされており、上画像のように前進状態でセーフティOFF、後ろ側に動かすとONになります。ON状態ではトリガーがロックされます。ただしハンマーダウン時(トリガーが後退位置で固定している時)はON位置に入りません。3rdジェネレーションフレームの特徴としてライトなどのオプションパーツを取り付けるレイルが装備されており、ここに対応したアイテムを直接取り付けるか、アダプターを取り付けて汎用レイルアクセサリを取り付けられるようになっています。


トリガーは樹脂製で、トリガー中央にトリガーセーフティがあります。これはホルスターから銃を抜く時などにうっかりトリガーに触れて撃発する事を防ぐため、トリガー中央をしっかりと押してセーフティを解除しながらでないとトリガー本体が動かないようにされています。グロックシリーズは手で操作するセーフティ機構はここのみで、危険ではないか?と疑問を持つところですが、代わりにダブルアクションの長いトリガーストロークがセーフティ代わりにもなっており、それを考えればダブルアクションリボルバーに較べればセーフティ機構は一つ多い事になり、やっぱ十分なんじゃね?とも言えます。世界中の軍や警察、民間に至るまでこぞって使われているグロックなのですから、これくらいシンプルで良いのでしょう。
写真を撮り忘れましたが、マガジン込みの重量は700gほど。この軽量さも人気のポイントです。


スライド後方左面にはセミ・フル切り替えのためのセレクターがあります。上に上げてセミ、下に下げてフルオートポジションとなります。クリック感があり握った親指で操作できますが、スライド動作の振動で勝手に下がってこないよう、やや操作が重めになっています。MGCのは軽くてクリックがなくて勝手に下がってくるのでセレクターに細い針金を巻いて使っていましたな・・・
セレクターの前方フレーム側にあるのはスライドストップ。親指で操作しやすい位置にあります。空撃ちする時マガジンにアダプターを装着せずとも、ここを右手の親指で押さえながら撃つのもあまり苦にならない操作性の良さがあります。


前後サイトは固定式ながらホワイトが入っており視認性は良好です。ここはオプションパーツも多いので好みに付け替えるのも良いでしょう。


マガジンは亜鉛合金と思しき金属製。実銃グロックのマガジン外装は樹脂製で、MGCのもそうなっていたのでここが金属外装だとちょっと違和感。ただガスガンのマガジンの場合は樹脂で覆っちゃうと手で温めても熱が中まで通らないので多分敢えて金属外装にしているのだと思います。


マガジン後面。残弾確認用の穴が再現されていますが、浅い窪みでただの飾りです。12・13の間に四角い突起が生えていますが、これはフレームにもこれを通すレールが途中まであり、マガジンを強く差し込み過ぎないようにするためのストッパーの役割なのでしょうか?


マガジン底部。中央にガスの注入バルブがあります。


マガジン上面。樹脂製の別パーツになっており、リップ部とガス放出口があります。


マガジンを挿す時は強めに押し込むか、挿したあと底部を軽く手ではたいてやらないとロックが掛からない傾向にあります。また、マガジン上部左右面にフリクションがありマガジンキャッチを押しても自重では落下してこないので手で引っ張り出してやる必要があります。ただし使い込んでゆくと自重で落下するようになるかもしれません。


トリガーはハンマーダウン状態では後退して引ききった位置になっていますが、スライドを引いてハンマーが起きるとトリガーは前進位置に来ます。このギミックはMGCのものには無く、あちらのトリガーはアームを介してマガジンの放出バルブを直接押していた構造だったかと思います。


スライドを引いた状態ではアウターバレルはショートリコイルして若干後退しており、またチャンバーカバーがスライドのエジェクションポートとの噛み合いが外れて下に下がった分バレルが傾いて銃口が少し上を向く形を再現しています。MGCのはバレルはインナーごと前から突っ込んであるだけで動作はせず、前から引っ張れば抜けました。撃っててインナーバレルごと前に飛んでった事もありました・・・


エジェションポート内。MGCのは亜鉛かアルミの銀色のブロックで塞がっていました。


通常分解をするには、トリガーの上ちょっと前の左右にあるこのスイッチを下に引き下げながらスライドを前に押します。


するとバレルやリコイルスプリング一式ごと前にスライドします。MGCのはバレルとチャンバーが動かずその後方に大きなブロックがあったのでスイッチ操作をしながらスライド後方を上に持ち上げてスライドのみを前に引き出すような操作だった記憶。


スライド側とフレーム側とに分離したところ。


チャンバーの下面にあたる部分にホップアップ調整ダイヤルがあり、ここを時計回りに回すとホップが強まるようです。撃った感じ丁度良かったので操作はしていません。


セレクターがセミの位置だとスライド内にあるパーツが壁側に寄っています。


セレクターをフルの位置にするとパーツが壁から中央寄りに動きます。ここでフレーム側にあるフルオートシアの操作をしているようです。


フレーム側、ハンマーが起きた状態。


トリガーを引いてハンマーが倒れた状態。ハンマーの右(上画像では下)で動いているパーツがフルオートシアでしょうか。


スライドをフレームに組み直す時はスライドを前から差し込み・・・


後ろまで一気に引きます。あとは手を離せば前進位置になります。


マガジンにガスを入れます。普通の使用なら他の銃同様にマガジン底部を上に向けてマガジン本体に対し真っ直ぐになるようにタンクの注入口を差し込んで押して注入すれば十分でしょう。


マガジンに弾を込めます。フォロワーをいっぱいに下げてスリット下部の広くなったところから弾を流し込みます。もしくは上側のリップ部からローダーでギャリギャリ込めても良いです。装弾数は最大25発。ただしきれいに並ばないと少し減ります。


初速とサイクルチェック。この日は晴れていたけど気温はまだ低く感じたものの15℃~20℃くらいあったろうか?サイクルは残弾後半の少し鈍った辺りで出た数字なので暖かい時ならもう少し初速もサイクルも速いかと思います。ただこのマルイG18Cはスライドがあまり強くなく激しい使用で割れる事があると聞くので、夏場調子良くてもある程度の自制心が必要なのかもしれません。
トリガープルは前進位置から長い軽いストロークの後引き切り寸前でクッと重くなりパチンと切れるトリガープル。ちょっと独特なので慣れが必要かもしれません。
リコイルは中々元気なれどハイキャパほどじゃないかなぁ・・・ヘタったP226レイルよりは強いです。


全弾撃ち尽くすとホールドオープンします。


ちょっと気になったのが、ホールドオープン状態で弾を入れたマガジンを勢いよく挿すとスライドがリリースされてしまう点。ゆっくり挿すとリリースしないので「そういう機能」では無いハズなのだけれど・・・実用面では勝手にリリースされた方がリロードが速いけどさあ!リリースは手動で!ドヤ顔で!させて欲しい時もあるので。


電動ブローバックG18C(スライドが銀な方)と。10禁銃とはいえ外観は割と頑張ってる方なのでは。


この銀色スライドはアサヒペンのメッキ調スプレークロムの上にクレオスのクリヤーを吹いた失敗塗装ですが、写真写りだけは割と良いんでやんの・・・


銃口は前述のようにガスブローバックの方が7条のライフリング、電動ブローバックの方は六角形ライフリングが表現されています。実銃では6条ポリゴナルなので電動ブローバックの方が正しかったり。


スライド上面。所々微妙~な違いがあります。


@@@


G18Cはオプションパーツも多く、比較的入手しやすいストックやカービンコンバージョンもあるので油断していると長物に化ける発展性の高い銃です。もちろん銃本体だけドノーマルで使っても良し。塗装とかで繊細に扱うようなところも無いのでガシガシ使うのに適しているでしょう。


※おまけ※

ガンケースをオマケで付けてくれました。


うん。でもどうやって使うんだコレ。


こう?


閉じたしこれでいいのかしら。ちょっとファスナーが2つ並んでるところがチャリチャリうるさいけど中々良いですね。お座敷なので自宅の敷地外に銃を持ち出す事は無いですが・・・



E&LのAK-74N DXバージョンです。

AKはマルイの次世代AKS74UとCYMAのAK47タクティカルを持っていたのですが、もう買ってから大分経つしフツフツと新しいAKが欲しくなってきました。去年ドラグノフを2挺買ったあたりで「ちょっとくらい高いやつでもいいや」となってきていたのでそれなら鉄!鉄のAK!ということで色々見繕うようになります。冬なので電動ガンになりますが、AKの電動ガンというとRS(リアルソード)やLCT、E&Lあたりが鉄鉄しているのですが、RSは現在国内にほとんど出回らなくなっているので除外するとして、上質できれいなAKのLCT、無骨で値段ほどほどのE&Lの2択に。
AKのイメージと懐具合でE&Lに絞りますが、最初カービンサイズのモダンAKであるRD710というやつがストック付け根が上にオフセットしてて珍しい!と決めかかったものの、サイドマウントが無く後付するのも面倒だったので迷ってしまい、じゃあもうAKったら木と鉄だろ!と投げやりに決めてしまったのが今回のAK-74N。


注文してから2週間ほどして到着。何でそんなに掛かったかというと、もう自分で調整すんのが面倒になってしまった(大体去年のA&K SVD-Sのせいです…)ので調整してくれるところで買ったため。


買った店は沖縄なので発送からは船便となり数日掛かるのですが、2日ほどで到着。


E&LはEMEI & LANDARMSの略で、中国の実銃メーカーのトイガンブランドらしいです。


開封。前述のようにモノはAK-74N。ストックとハンドガードが木製であるAK-74の初期型にサイドマウントを装着したモデルとなります。


E&Lの初速証明書。まずこれが無いと日本国内に輸入できないので、海外製トイガンには必ず付いてきます。


店で調整してもらったのでその証明書。基本的な調整だけだと結局自分で開けてモーター換えたりギヤ換えたりとまたいじり壊すだろうから、それは店側であらかじめ手を入れてもらいました。全部やってもらうコースはちょっと予算オーバーだしお座敷で大して撃たないのでそこまではいいか、って感じで。


内容は銃本体とマガジンと説明書のほか、予備のヒューズとクリーニングキット、メンテナンス油の容器。


メンテナンスキットは実銃に付属するようなやつで鉄製。油の容器は容器だけで中身は空です。ヒューズは30Aのものでよくある管タイプではなく自動車用のもの。これは店で付けたものかも。


説明書。A5版サイズの10ページ構成。







バリエーション共通で図はAKMですが、メカボックスを取り出すところまで日本語でも書かれています。

それでは各部を観察タイム。

ハイダーは特徴的なAK-74タイプのハイダー。そうそうAK-74のトイガンは昔LSの組み立てキットのエアコキのを持っていました。なので形状的には47よりも個人的に思い入れが深いです。


ハイダーはAK系の共通として根元のボタンをおしこみながら回して外すようになっています。ネジは24mmの正ネジとなっています。マルイのAKS74Uもハイダーの取り付けは24mmでしたが、これは実銃のAK74系(5.45mm×39)は全部24mmで、47やAKMなど7.62mm×39の銃は14mmだからなのだそうです。ハイダーを外すと真鍮製のインナーバレル前端が露出します。


アウターバレル下に前から差し込まれているクリーニングロッドはマルイAK47系のような途中までの長さではなくフルサイズとなっています。ハイダーを外さないと抜けず、フロントサイト下の押さえ部分に結構なテンションで押さえ込まれています。


ガスパイプ部。AK47ともAKMとも形状が違う特徴的なガスブロック。


木製のハンドガード。木部はWEのドラグノフのような綺麗すぎる「家具調」ではなく、合板削り出しにニスをタップリ塗りたくった「らしい」造り。AKMからハンドガードの左右に膨らみが付けられており、握りやすくなっています。CYMAのAK47(マルイコピー)ではリヤサイトブロック右側のレバーは機能していませんでしたが、こちらはちゃんと回転させてハンドガード上側を外す事ができます。(その後、ハンドガード下側前端にあるレバーを操作して下側を外す事もできます)


リヤサイトはタンジェントサイトで当然フル稼働。目盛りは白くスミ入れされています。


レシーバー右側。実銃AK47では手間の掛かっていた削り出しレシーバーをAKMにモデルチェンジの際にスチールプレス製にして生産性を高めたレシーバーが継承されています。青光りしたブルーイング仕上げで美しいのですが、惜しいかな実銃AK74は黒塗装仕上げ。


マガジンポート内。E&LのAKはLCTと構成が似ていて、あちらと同様にマガジンポート内が大きくえぐれているためマガジン挿入時に差し込み過ぎてうまくマガジンを装着させられない欠点があります。それを解消させるためのマグウェルスペーサーが標準装備されています。(マガジンポート内のE&Lのロゴが付いたパネルがそれ)


グリップは樹脂製。マルイのAKS74Uのものと同様の「74タイプ」で、内部にモーターが入るため少し太めになっているハズです。握り心地自体は良好ですが、ここは人によるところもあります。


ストックは木製の固定ストック。AK47では下に傾いていたものがAKMで後方に真っ直ぐな形になり、AK74では同形状ですがAKMとの区別のために両側面に溝が掘られています。AK74後期型ではこげ茶色の樹脂製ストックに置き換えられ、AK74Mでは左側に折りたたむ機構が付加されて色も黒になります。


バットプレート。中央にある丸い部分には内側に畳まれる窓があり、ここへクリーニングキットを格納できるようになっています。


指を突っ込むと内部は少し上に傾いたトンネルになっており、奥にコイルスプリングがあります。クリーニングキットを押し込んでもスプリングのテンションで出てくる仕組みになっています。クリーニングキットを押し込みきれば窓は閉じて格納状態を維持し、再び取り出す時は窓を押し込めばクリーニングキットが出てくるハズですが、フリクションがあってあまりスムーズではありません。


スリングスイベルはAKMまでは真下にあったものが左側にオフセットしています。


ストック基部。E&LのAKのここはめっちゃ外しにくいと聞くので外す機会が無い事を祈ります。


レシーバー左側にはサイドマウントレイルが装着されています。サイドマウントは後付するとなるとレシーバーに穴を開ける必要があり、鉄製だと大変です。ウチので付けようか迷ったCYMA(マルイコピーが亜鉛、VFCコピーがステンレスだとか。ウチのAK47タクティカルは削れた地金を見る限り亜鉛ぽい)なら何とかなりそうですが・・・


シリアル刻印は他の数字が入ってたとこに重複して掘られてるような・・・


前側のスリングスイベルはAK47ではガスブロック右にありましたが、AK74ではハンドガード下側の前端にあります。


フロントサイトはねじ込む事で上下の調整が可能。


チャージハンドルはセレクター前面にぶつかるまで可動します。中にはスライド式のホップ調整レバーがあります。チャージハンドルはちょっとフリクションがあってあまりスムーズではありませんが、スプリングが強めで周辺が全部鉄製なのでいっぱいに引いて手を離すと中々いい音がします。


標準のマガジンは5.45mm×39タイプの茶色い樹脂製マガジン。


マルイAK47系互換タイプでマルイの次世代AK74系とは互換がありません。多弾ではなくスプリング式。


前側を引っ掛けて・・・


後ろ側をマガジンキャッチに掛けます。スムーズにしっかりと着脱ができますが、左右へは結構グラグラしています。ただしここは実銃もそうなのでこれはこれで正しい。


いつものデジタル秤(3kgまで)だと足りないのでバネ秤。逆光な上プルプルブレちゃって見にくいですが約4kg。重いのは確かですがそれ以上に全くたわまない剛性感を強く感じます。





全体像。74のスタイルはAK系の中でも一番好み。


マガジンの互換性。マルイ47マグは付くけどちょっとキッチリしない感じ。


UFCのブルガリアマガジン。前側が厚くて掛かり悪いな、グリグリ押し込んで後ろをよっと(メシャッ)



ギャアアアアア
アアアアアアア


付属のマガジン以外はイマイチ。トホホ…


電動ガンなのでバッテリーを装着して発射準備に掛かりましょう。この銃は固定ストックですがバッテリ―はトップカバー内に入ります。


AKバッテリーが適合しますが、おっとウチのはコネクタがミニTなんだった。


ここもやってもらえば良かったな・・・SVD-Sからタミヤミニ⇔ミニTのアダプタをもいできました。


バッテリ―本体はともかく、コネクタが窮屈。


コネクタが一個余分にあるせいかうまく収められなかった・・・というか長い事使ってなかったので放電しちゃっててセミ1発すら撃てず。


リポだとどうか。


セパレートは立てても寝かせても微妙~にはみ出す。


案外太さがシビアです。こちらも微妙に収まらない・・・


800mAh、ウチにある普通の電動ガン用では一番小さいやつ。これより小さいのは電ハン用しか無いぞ。


リヤサイト下のトンネルに入る太さなので余裕はたっぷりありますが、配線が絶妙に邪魔をする。


やっとトップカバーが閉まりました。


マガジンにローダーで弾を込めます。説明書には120発とありますが、大体そのくらい入ったかしら。


初速とサイクルチェック。初速は90代前半で安定。サイクルは秒12.5発ほど。
さすがに調整されているだけあって撃ってて不安定さは感じません。そのままだと下めに飛んでたのでホップ調整レバーを適当に動かしただけでもアイアンサイトの狙点にバッチリ集弾します。


撃ちきったあとは5発ほどチャンバーからのポロリとマガジンに残ります。このマガジン、フォロワーが少し引っ込み気味。あとチャンバーパッキンで止め損なった弾が銃口から出ずにハイダー内でカラカラしている事がたまにあります。74ハイダーの形状的に仕方無いのですが。


さてSVD-Sから外してきたマウントとスコープ。ドラグノフ用のPSO-1はAKには寸法的に付けられませんが、こいつは元々AK用です。


そのままではグラグラです。銃ごとに調整が必要。


バッチリ取り付きました。やったぜ。


@@@



個人的には樹脂と軽金属派だけど、木と鉄の銃もいいよね・・・
形だけで所有欲を満たすつもりでいたけど、撃って遊べるに越した事は無いし。

買った店はまあ皆知ってる店だとは思うけど一応。
AIRSOFT97

1  2  3  4  5  6 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索