~趣味の世界~
マグプルMS3スリングのレプリカです。(2780円)

マグプルMS3スリングレプリカ
袋閉じられてないんですけど・・・厚紙のラベルがホッチキス止めされてた形跡はあります。

マグプルMS3スリングレプリカ
MS3(マルチミッションスリング3)はMS2に較べスリングの幅が広くなり、MS2だと片側がヒモを引っ張るとリリースされる金具でしたがこちらは両端がクリップになっています。色は単色や迷彩柄など色々ありますが今回買ったものは「A-TACS FG」というフォリッジグリーン系の迷彩柄。

マグプルMS3スリング
クリップの横にはスイッチがあり、片側へスライドさせるとクリップが一定以上開かないようになるロック機能が持たされています。MS2はうっかりクリップが押されて開いてしまったり、銃に引っ掛かって勝手にクイックリリースされてしまったりしがちだったようで、MS3ではかなり安心して振り回せるよう、信頼性に重点を置いてモデルチェンジされていると思われます。

マグプルMS3スリングレプリカ
MS2でもできましたがMS3もこのように途中の金具にクリップを掛けて1点スリングとしても利用でき、1点と2点を素早く切り替える事ができます。途中の金具が大きくなったので1点にしやすくなったのが特徴。

G&G CM16とマグプルMS3スリング
G&GのCM16に装着し、3点で吊り上げているところ。3点は慣れるまではちょっとこんがらがりそうになりますが慣れてしまえば非常に安定して銃を保持する事ができるようになります。上画像の持ち上げている輪っかに首と左腕を通し、右肩に掛けるようにします。銃をぶら下げた状態から素早くストックを右肩に当てて狙う事ができます。

G&G CM16とマグプルMS3スリングレプリカ
2点で吊り上げているところ。これが一番わかりやすく、ライフルにスリングを掛けている状態といって連想するのは大体この形かと思います。単純に右肩にカバンのように掛けるか、左肩にたすき掛けするのが一般的でしょうか。咄嗟にストックを肩に当てるにはちょっと窮屈ですがストックを脇に挟んで片手で銃を保持する場合は非常に安定します。

G&G CM16とマグプルMS3スリングレプリカ
1点で吊り上げているところ。レシーバーにスリングスイベルが無いと使いづらいし肩から下げている時銃がブラブラしますが取り回しの自由度が高いのが特徴です。ストックが無いサブマシンガンなどでは左肩にたすき掛けした状態からスリングを突っ張らせる事で銃を安定させ、ストックの代わりとする事ができます。

マグプルMS3スリングレプリカとMS2スリングレプリカ
MS2スリングレプリカとのツーショット。両方ともMagpul Dynamicsというブランドのものです。MS3のスリングは幅広な分首の辺りでねじれていると気持ち悪いのでちゃんと掛ける必要がある感じ。このMS2のスリングは生地がすべすべで大変さわり心地が良く、買った当初は何か磯臭かったりして微妙な目で見ていたのですが今ではお気に入りのスリングです。これに較べると今回のMS3スリングは生地がちょっと硬い(比較であって、これ自体は割りと柔らかい方ではあります)ので、こなれてくれば良いスリングになると思います。これより安いスリングはたくさんありますが、この2つほど良いものはあまり無い印象を受けます。もちろん好みもありますので人それぞれですが、コストパフォーマンスの高いスリングです。



241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索