~趣味の世界~
Magpul PTS MOEトリガーガードです。

MagpulPTS MOEトリガーガード
えーこんなとこわざわざ換えなきゃいかんかー?と思っていたのですがやはり気になってきたので買ってみました。盲腸みたいなパーツですがこれでもMagpul謹製パーツなので千円~1500円くらい。レプリカは5~600円ほど。

MagpulPTS MOEトリガーガード
中身はトリガーガード本体とスプリングピンとイモネジ。
トリガーガードは樹脂製で軽いパーツです。

M16/M4トリガーガード
M16/M4系のトリガーガードは前右側面側の穴を先の尖ったものでつつくとスプリングでヒコヒコ反発力があるのがわかります。ここを押しながらトリガーガードを下側へずらすことができるようになっています。

M16/M4トリガーガード
厚手のグローブをはめている時にトリガー操作がし易いようこうなっていますが、下へ垂らしたトリガーガードはグリップと一緒に握る事になるのであまり握り心地の良いものではありませんし、そもそもこの機能自体どれほど活用するものだろうか?というのはあります。工具無しで外せないのも・・・

M16/M4トリガーガード
グリップ側の軸はスプリングピンで保持されており、片側からポンチで叩いてピンを抜くとトリガーガードが外れます。トリガーガードは金属製で、結構な重さがあります。

MagpulPTS MOEトリガーガード
MOEトリガーガードを取り付けます。元々このマルイのスタンダード電動M4のためのパーツなので幅も長さもピッタリ。トイスターのM4に合わせてみたら幅が1mmほど大きかったので、あちらは幅の狭いWAガスブロM4用が合うのだろうと思います。付属のスプリングピンは拡がっているのでペンチで締めてから差し込んだ方がスムーズ。グリップ側にピンを入れると上画像のようにちょっとしか動かなくなりますが、このトリガーガードは元々動かす機能をオミットして考えているようです。

MagpulPTS MOEトリガーガード
前側はイモネジで固定。そもそも厚手の手袋をした状態でも指が入るように下側へ拡げているパーツなので外して垂らす必要もなし。

MagpulPTS MOEトリガーガード
装着完了。地味な変化ですが結構印象が変わって見えます。わずかながら軽量化もされます。

マルイM4A1改
あとどこを換えようか・・・グフフ

LCP QDスリングスイベル
ついでに買ったLCPのQDスリングスイベル。あまりスリングは使わないのですが、まああれば使う機会もあるんでないかと。

LCP QDスリングスイベル
QDスイベルはQDスイベル穴が開いてるパーツがあればワンタッチで取り付く便利なスリングスイベルです。軸の上にあるボタンを押し込むと軸の周囲のベアリングがフリーになり、離すとベアリングが外側へ出っ張った状態でロックされるしくみ。ただこのスイベル、パーカー処理なんでしょうが錆びてるようにも・・・

MagpulPTS CTRカービンストックとQDスイベル
というかウチにある銃でQDスイベル穴があるのはこのCTRカービンストックだけ・・・上画像で示すようにバットプレートの内側にQDスイベル穴があります。左右どちらからでも使用でき、左右同時使用も可能なようです。

CTRカービンストックとQDスイベル
装着。ストックの起伏に引っ掛かってスイベルが回りません・・・上画像の状態と、90度回転させた2通りでしか挿せないのですが、回転しないよう固定してた方が都合がいいかなぁ・・・使い方は少し考えないといけないようですね。

179  178  177  176  175  174  173  172  171  170  169 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索