~趣味の世界~
トイスターのワルサーP38です。

トイスターワルサーP38
ワルサーP38はルガーP.08の後継として第二次大戦中のナチスドイツ時代から戦後の西ドイツ、そして1995年にP8(H&K USP)に切り替わるまで長くドイツの制式軍用拳銃として親しまれてきた傑作拳銃です。日本でもルパンⅢ世の愛銃として有名ですね。

トイスターワルサーP38
銃本体は袋入り。他には薄さにちょっとびっくりするマガジンと割りとマシな質のBB弾、そしてマガジンの下くらいの位置にクリーニングロッドが入っています。

トイスターワルサーP38
価格は2200円でした。このくらいの値段のP38のエアコキといえばマルイのエアコキハンドガンシリーズのものがありますが、いかんせん昭和の時代からあるブツで入手性も容易な現行商品とはいえやはり陳腐化は否めません。その一方でこのトイスターのP38は割りと新しい造りなので、まああまり興味の無い銃だったのですが何となく買っておきました。

トイスターワルサーP38
外観的にはワルサーP38の特徴はおさえられていて、ところどころ金属パーツになっています。露出したアウターバレルやフレームの中央の分割があまり処理しきれていなかったり、左側にプラスネジが見えたりとちょっと残念な部分もあれど、この値段なら些細な事でしょう。
ハンマーはライブでコックもできますが、ダブルアクションは残念ながら省かれています。

トイスターワルサーP38
フロントサイトが付いているマズル部分は別パーツで、左右モナカなアウターバレルの先端にはめこまれておりライフリング表現もあります。でも丸溝で8条もあり、こんなんだっけ?

トイスターワルサーP38
スライドはトカレフ同様エアコキハンドガンとしては引きがやや重めですがマルイの古いエアコキのようなクセのあるタッチだったりはしないのでスライド両サイドを指で、リヤサイト付近を手のひらで包むようにして引けば操作しやすいです。開口部に手のひらを掛けると閉鎖時に挟み易いので注意。スライドを引くと排莢口が大きく口を開けます。ショートリコイルの動作は無く、アウターバレルは前後しません。スライド横のレバーもモールドで無可動。

トイスターワルサーP38
グリップは握った感じが前後に細長い印象で、幅が薄いスリムな握り心地。グリップパネルは色がぶどう色というかマルーンというか・・・ちょっと好みの分かれるところかも知れません。ネジは右側がダミーで、多分左側のネジがフレームを貫通して右側グリップパネルの内側に刺さってるんだろうと思います。左側グリップパネルにはランヤードリングが突き出ており、ここは金属製ですが根元はややグラついています。マガジンキャッチは金属製のヨーロピアンタイプというか、いわゆるグリップ下面に付いてマガジンをしっかり掴みながらリロードするタイプ。ただこのタイプはウチにある銃では他にイングラムM11しかなく、動作方向が逆なのでちょっと戸惑います。底面から親指で後ろ側へ押してロック解除。マガジンを挿す時もリップ後ろ側で押してやる必要がありちょっと使いにくい・・・片手でマガジンを抜くのは無理です。

トイスターワルサーP38
初速は控えめ。ホップアップがあるので飛距離は長く、十分実用的。でも0.2gだと若干浮くかな?
トリガーと、右側面にちょっと露出するトリガーバーは金属製なのでプルはしっかりしていますが、やや抵抗があるのかトリガーを引くとキュッキュ音が出ます。発射音はパキンという金属音ですが、ハンマーが倒れる音が主。ハンマーを押さえて撃つと普通のエアコキの音がします。

さてこの銃は通常分解ができるようなのでやってみましょう。
トイスターワルサーP38
まずはテイクダウンラッチを下側で回します。ちょっと固いですが頑張って回してください。

トイスターワルサーP38
テイクダウンラッチを8時くらいまで回すとピョンとバレルアセンブリが前方に動きます。そしてバレルアセンブリを前方に引っ張ると抜けてきます。

トイスターワルサーP38
続いてスライドも前方に抜けます。スライドで隠れていたフレーム両サイドにリコイルスプリングがそれぞれ1本ずつ計2本ありますが、ヨレさせたり挟んだりしないように注意。軽く掛けてあるだけなのでふっ飛んだりはしませんがスライドを再びはめる時外側へ膨らんだりして邪魔をしやすいです。

トイスターワルサーP38とトカレフ
大きさは標準的ですが特徴的な形状なので個性があります。P38という銃が流行ったのは70年代~80年代前半くらいで、私がトイガンを触り始めたような80年代後半以降の時期だともう古臭くてダサいイメージになっており、あまり積極的に購買意欲を刺激することはなかったのですがいざこうして手にしてみるとやはり流行っただけの事はあり趣深い銃です。いや私がジジイ化してきたってワケじゃない(ハズ)ですよ!?

このトイスターのエアコキP38は評価を下すなら及第点でしょうか。ダブルアクションが再現されていたら大満足だったろうと思います・・・現時点ではこの価格帯では最良といえるP38のトイガンです。
P38が好きな人に。
もっといいのが欲しいならマルゼンのガスガン(1万5千~2万円)を買いましょう。

184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  174 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索