~趣味の世界~
東京マルイのM92Fミリタリーモデルです。

東京マルイM92Fミリタリー
東京マルイのM92Fはガスブローバックや電動ブローバックのほか旧エアコキとリニューアルされたエアコキがありこれはエアコキ第3世代になるリニューアルされたモデルです。

東京マルイM92Fミリタリー
旧エアコキM92Fは第1世代で形も不細工だったのですが、こちらはほぼリアルサイズになっており外観はM92Fの特徴と雰囲気をしっかり再現しています。

東京マルイM92Fミリタリー
マガジンはフルサイズ。といってもさすがにモデルガンと比較してしまうと若干小さめですが、雰囲気はでています。

東京マルイM92Fミリタリー
ハンマーは起こせるだけでなくダブルアクショントリガーも再現されています。ただトリガータッチは軽いものの節度感が無く、ジョリジョリッとした感触と共に手ごたえの足りないハンマーを起こしながらブヨブヨしたトリガーが切れるというちょっと気持ちの良くないフィーリング。おそらくは右側面のみにある片持ちのトリガーバーを再現したもののプラ製で剛性感が低いためにこんな感触になってしまったのでしょう。惜しいところです。
スライドストップはコックアンドロックのセーフティに機能が置き換えられています。スライド両側面にあるデコッキングレバーはダミー。ここは仕方ないでしょう。

マルシンM92FSモデルガンと東京マルイM92Fミリタリー
マルシンベレッタM92FS(左)との比較。スライドはご覧の通り同じだけ後退しフルストロークですが、バレルが固定でショートリコイルは省かれています。バレル前方が銀色になっていますが、これはバレル先端のパーツが射撃の度に衝撃で外れてしまうので通常時にスライドで隠れる部分をアルミテープで留めてあるためです。バレルを分解するつもりの無い人、バレル先端に何かつけるつもりが無い人は接着してしまうと良いでしょう。

東京マルイM92Fミリタリー
18歳以上用ホップつきなので真鍮のバレルが銃口の結構奥に見えます。ライフリング表現もあり、銃口は雰囲気が高いです。

東京マルイM92Fミリタリー
テイクダウンをする時はまずテイクダウンラッチを回します。右側面のボタンは押さなくてもいけますが、クリックが非常に強くかなり固いので頑張って回しましょう。

東京マルイM92Fミリタリー
テイクダウンラッチを90度回転させたらスライド後面を押してスライドを前方へはずします。ここも固いので両手の親指でエイヤと押します。モデルガンやガスブローバックだとテイクダウンラッチを回せばスライドがスルリと抜けてくるところなのですが、まあこんなもんだと思うと良いでしょう。

東京マルイM92Fミリタリー
スライド一式をはずしたところ。組む時はスライドの後ろ側を先にレールに架け、その位置からフレームに合わせて取り付け、飛び出たままのリコイルスプリングガイドを押し込んでテイクダウンラッチを元の位置へ回します。

東京マルイM92Fミリタリー
スライド側をバラしたところ。モデルガンやガスブローバックとは大分構成が違いますが、そこまで求めるものでもないでしょう・・・

実射性能は高く、スライドも比較的引きが軽めで弾道も素直。グニャグニャのトリガープルだけが残念な点。

マルシンM92FSモデルガンと東京マルイM92Fミリタリー
古びたモデルガンと較べるのも何ですが、並べてみるとかなり再現度が高いことがわかるかと思います。

マルシンM92FSモデルガンと東京マルイM92Fミリタリー
左がマルシンのモデルガン、右がマルイのエアコキ。形状については値段を考えると十分以上の出来栄えです。セーフティなど機能の置き換えや省略、トリガーとハンマーの動作感触の悪さこそあれ、有名なM92Fのトイガンが欲しい!という人には満足できるものだと思います。

147  146  145  144  143  142  141  140  139  138  137 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索