~趣味の世界~
東京マルイのミニ電動ガン UZI SMG miniです。

マルイミニ電動ガンUZI
久しぶりの日本製。箱は意外に重くちょっと驚きます。

マルイミニ電動ガンUZI
ミニ電動ガンのシリーズはどれも大きくディフォルメされていますが、このUZIは結構原形をとどめています。

マルイミニ電動ガンUZI
サイズ的にはUZIのコンパクトモデルであるミニUZIに近いサイズ。グリップは小さいですが元が太いせいかあまり気になりません。前後サイトはライフルタイプのものがちゃんと付いており、キチンと狙って撃つ事が可能。

マルイミニ電動ガンUZI
ストックはちゃんと可動して展開させることが出来ます。ただ短すぎるのと中間部分のロックが無いのであまり実用的ではありません。またストックが畳まれていた部分の下は大きく膨らんでおり、ここがちょっと不恰好なので畳んだまま使うのがベター。こういう銃は半端なストックを無理して使うより後端にスリングを1点で付け、スリングを張らせて銃を保持する方が狙い易いかも。

マルイミニ電動ガンUZI
マガジンがグリップ下に突き出ていますが、ここはダミー。握った手の小指がこのマガジン部分に掛かるのでこれは必要。でもマガジンの前面に小指を掛けるには一段下がっていてちょっと気になるので可能なら何かフィンガーレストになるものをつけたくなります。

マルイミニ電動ガンUZI
マガジン部分を後ろへ押しつつ下へも押すとロックが外れてぶら下がり、グリップ内に電池を入れる部分が現れます。電池は単三が4本。

マルイミニ電動ガンUZI
パナソニックのニッケル水素充電池を入れます。が・・・

マルイミニ電動ガンUZI
自然放電で空になっていたので仕方なく買い置きのアルカリ乾電池を。ニッケル水素充電池は最近のものは改善が進んでいるとはいえ、やはりかなりの速度で自然放電するので放っておくといざ使おうと思った時こういう事がたまにあります・・・

マルイミニ電動ガンUZI
マガジンがダミーなのでどこから給弾するかといえば、銃の上。コッキングピースを前へ押すとその下の板状のパーツがスライドして給弾口が現れます。チャンバーへの給弾はチープな自由落下式。

マルイミニ電動ガンUZI
ジャラジャラとBB弾を穴へ流し込みます。給弾口より後ろへも少し入るので前後へ傾けるなどして流してやります。装弾数は説明書によると約50発。

120710pt085.jpg
50発じゃ足りないと思う場合、400発入りのスコープ型マガジンが別売オプションとして用意されています。銃にはそのためのアダプターのみ付属。
弾を込めたらコッキングピースを後ろへ戻して給弾口を閉めます。開けたままでも発射は出来ますが、時折弾が弾け出すので素直に閉めた方が良いです。

マルイミニ電動ガンUZI
発射はグリップセーフティではなく、左側にあるセレクタースイッチを握った手の親指で押しながらトリガーを引く事で発射されます。左手だとスイッチを押せないので撃つ事ができません。セミオートは無く、フルオートオンリー。
初速は電動ブローバックハンドガンよりやや低めで、連射サイクルも同じ程度。上画像はアルカリ乾電池4本で計測しましたが、ニッケル水素充電池だとかなりもっさりした連射サイクルになります。発射音はキュルパパパという感じ。電ブロハンドガンより騒々しい印象。

マルイミニ電動ガンUZIとマルゼンイングラムM11ベーシック
マルゼンのイングラムM11ベーシックと。ミニ電動ガンの中でも他のものよりディフォルメが緩く外見はかなり戦闘的です。機構が単純で純然としたBB弾投射機ですが、それゆえの面白さも多いはずです。値段は2千円ほど。他のガワへの組み込み用にも、またこのまま自分の使いやすいようにモディファイしてもよし。


209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  199 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索