~趣味の世界~
VLTORタイプの可倒式フロントサイトです。

VLTORタイプフロントサイト
どこのメーカーのものかはわかりませんが、M4用フロントサイトポストとしては安い2580円。
一応G&PのGP167ガスチューブM4A1用も買っておきました。安いし。

VLTORタイプフロントサイト
アウターバレルへの取り付けはピンやネジがバレル下面に噛み込まない締めるだけタイプ。このタイプは汎用性は高いですが真っ直ぐ取り付けるには調整が欠かせず、また品質によっては一杯に締めこんでも緩かったりとたまに地雷が潜んでいます。

VLTORタイプフロントサイト
サイトを倒すとレシーバーのアッパーレイルと同じ高さになるのがこのサイトポストの特徴。またQDスイベルに対応した穴、というか筒が装備されています。この筒が銀色でアクセントにもなります。ただこの製品、見ての通りちょっとエッジがダルいんだよねぇ・・・G&Pからも同型のサイトポストが発売されていますが、これの倍以上の値段がします。

VLTORタイプフロントサイト
QDスイベルはちゃんと左右とも取り付きます。動作も問題無し。

VLTORタイプフロントサイト
ではいざ取り付けだ!とガスチューブを差し込もうとしたら、アレレ?
穴径が小さくて入りません・・・そういやガスチューブ固定用のピンを挿す横穴もありません・・・

SPRタイプフロントサイト
ガスチューブが太いわけでもなく、このように手持ちのG&PのSPRタイプフロントサイトにはちゃんと取り付けできます。

VLTORタイプフロントサイト
穴をリューターで削ります。削ってる最中フロントサイトの照星パーツが緩いのか振動で伸びたり縮んだり・・・幸い材質はそんな硬いものではないので金属刃のビットなら何とかならなくは無いですが、かなり根性が必要。しかもかなり深く掘らなければなりません。頑張ったのですが、断念。

トイスターM4A1カービンにVLTORタイプフロントサイト
マルイM4への取り付けは諦め、トイスターM4へ取り付ける事にします。こちらは画像の通りガスチューブが無く、ハンドガードキャップの前面にある突起が挿さればいいのでせいぜい深さ2mmで十分。もう1cmくらい掘っちゃってますが。ただアウターバレルの突起に引っ掛かって定位置に来ないので突起は後ろ側をちょっと残すようにして(ハンドガードキャップがちょっと引っ掛かる程度)ニッパーで切り飛ばします。

トイスターM4A1カービンにVLTORタイプフロントサイト
アウターバレルの突起をわずかに残したのは、ハンドガードキャップが引っ掛かる位置が残ってないとフロントサイトをどこで固定すればいいかわからなくなるため。フロントサイトを突起の上へねじ込むようにして定位置にまで差込み、ネジを締め込みます。リヤサイト側からフロントサイトへかけてを目視で真っ直ぐになるように調整し、増し締めをして取り付け完了。

トイスターM4A1カービンにVLTORタイプフロントサイト
ハイダーとハンドガードを取り付けて形になりました。フロントサイトは色がややつやのあるパーカー色で、周辺の色(キャロムブラックスチールの上に薄くインディパーカーシール)とほぼ同じ。サイトを起こしたり畳んだりはつまんで起こしたりそのまま倒したりとクリックもあり操作性は良いのですがキチンとしたロック機構はありません。しかしこのままでも十分実用に耐えるでしょう。

トイスターM4A1カービンにVLTORタイプフロントサイト更にマグプルMBUSフロントサイト
でも折角ですから、前後合わせてMBUSフロントサイトを装着。畳んだ時のレイルは造形がダルくて差込みもちょっと渋かったのですが、取り付きはします。可倒サイトの上に可倒サイト!この不条理さが良い。見た目も何かメカメカしくて良し。

萌え萌えM4ズ
更にMOEMOE度が上がったトイスターM4。
マルイの方のM4は今回ちょっと残念だったけど、なに、まだチャンスはあるさ・・・


193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索