~趣味の世界~
アウターバレルをG&P製に換えた時に外していた同G&PのSPRフロントサイトを取り付けようと思います。気分で。

マルイスタンダード電動M4
銃本体はマルイスタンダード電動M4。デルタリングから前を全とっかえ済みで、ARMS#41-Bタイプのフリップアップサイトをつけていましたが、ちょっと飽きてきました。とりあえずハンドガードから前を全部外します。フロントサイトのリングの内側が銀色ですが、これはネジを一杯に締めても緩いのでアルミテープで太らせてあるため。

G&P GP966 M4A1アルミアウターバレル
アウターバレルはG&PのGP966 M4A1アルミアウターバレル。フロントサイトのリングで隠れる部分にはフロントサイト基部の横からピンを挿して固定するための溝があります。マルイ純正アウターと同じような形状。

G&P GP966 M4A1アルミアウターバレル
溝をSPRフロントサイトの基部の穴とネジに合わせてリューターで削ります。アルミなので何とかなります。

G&P GP754 SPRフロントサイト
SPRフロントサイト(正確にはG&P GP754 SPRフロントサイト)を取り付けます。ガスチューブはVLTORタイプフロントサイトに刺さらなかったのでとりあえずこちらに付けていました。アウターバレルの溝をキチンと掘ってあるとネジもすんなり締まり、キッチリと取り付きます。マルイ純正アウターに強引に付けた時はちゃんと掘らなかったので苦労したっけなぁ・・・

G&P SPRフロントサイト
リヤサイト(MBUS2レプリカ)のピープサイトからフロントサイトを覗き込んでフロントサイトが傾いていないかチェック。アウターバレルの溝をキチンと掘った甲斐あってか調整せずともきちんと真っ直ぐ取り付いています。

G&P SPRフロントサイト
ハンドガードを取り付けて完成。アンダーレイルをL2(5スロット)に換えてRVGを取り付け、その前に付けていたパネルとスイベルを取っ払いました。MSAは後ろ側にリングが来るように付け直しました。こっち向きが正しいようです。

G&P SPRフロントサイト
前後サイトを起こした状態。独特の雰囲気があります。

G&P SPRフロントサイト
前後サイトを畳み、ドットサイトを装着。このフロントサイトは付け根左側面にあるボタンを押しながら畳みますが、ちょっと操作は固いです。起こす時はそのまま起こせばカチャッと立てた状態でガッチリロックされます。操作時の金属感がステキ。

G&P SPRフロントサイト
ドットサイトを点灯させ覗いたところ。畳んだ状態でもやや高さがあるので若干視界に入りますが邪魔にはなりません。

G&P SPRフロントサイト
前後サイトを起こして覗いたところ。ちょっとドットサイトのマウントが低いかな?ドットサイトはS2Sのアクシス、マウントリングはmojjiの16mm。

マグプルMSAレプリカとMS2レプリカ
マグプルMSAレプリカとMS2レプリカ
MSAにマグプルMS2スリングを装着。リングを後ろ側にすると面白いくらいフレキシブルに使えます。ハンドガードを掴んだ時親指に当たって気になりますが、気にしないようにする方が正しいのか。

マグプルMS2レプリカとM4
このマグプルMS2スリングはレプリカですが、スリングの生地がやわらかくてすべすべしているのでさわり心地が良く、Tシャツ姿で肩に掛けても柔らかさが心地よいです。やけにガサついた固い生地の1点式バンジースリングを最近買ってしまったのですが、生地が固いと首すじが痛いのですよな・・・


196  195  194  193  192  191  190  189  188  187  186 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索