~趣味の世界~
UFCAR37 G36用M4マガジンアダプターです。(2572円)


マルイ互換のM4用STANAGマガジンを大量に持っていて、G36系を買ったらやはりこれは外せません。



マルイスタンダード電動M4用互換マガジンをG36系で使うためのアダプターで、G36のマガジンポートと置き換えて装着します。G36用マガジンとはマガジンキャッチの位置が違うので左側面にマガジンキャッチがあります。


マガジンキャッチはL85のものと似ています。中華エアコキG3/MC51用にマガジンアダプターを自作(右)した際もL85のマガジンキャッチを参考に作ったのですが、作るの簡単なんですよね。左手でマガジンポートを握るようにして親指でマガジンキャッチを押し、そのまま手を下へ滑らせればマガジンを保持しつつスムーズに抜き取れるので操作性にも優れます。


試しにマグプルPマグ20を挿してみたところ。マガジンポートに対しマガジンの幅が狭く、ややマガジンがガタついている気がしますがマグプルPマグは元々幅が狭めなのでこんなもんでしょうか。抜き差しはスムーズに行えます。


UMAREX G36CVのマガジンポートを外します。まずマガジンキャッチの上の方にあるピンをハンドガードのピンと同じ要領で抜きます。


ピンの刺さっていたあたり掴んで引き下げると前に引っ掛けている部分を軸に外れてきます。非常に簡単。


マガジンアダプターのチャンバーに当たる部分は上へ引っ張ると外れます。


外れたパーツは更に左右にポロッと分かれます。S字の給弾ルートになっていますが、何故こうなっているかというと・・・


M4マガジンとG36マガジンとではリップの位置が違うため、S字のルートを設ける事でチャンバーに対しオフセットさせるようになっています。残弾がある状態でマガジンを抜くとこのルートにある弾がボロボロ落ちる事になりますが、電動ガンのマガジンはみんなそうなのであまり気にするところではないでしょう。


銃側のチャンバー付近。電動ガンのチャンバーというとT字型のチャンバーが多いですがこのG36CVのチャンバーはエアコキ銃のチャンバーのように下が抜けています。弾が1発残っていました・・・


それではいよいよマガジンアダプターの装着です。前側を銃側の突起に引っ掛け、後ろ側をハメコミます。


ピンの刺さる穴の位置を合わせ、ピンを差し込んでできあがり。拍子抜けするほど簡単。銃側に付いている元のマガジンキャッチが残りますが、機能はしません。


マグプルPマグ(OD)を装着。DEカラーのPマグも買わないとね。


マグプルEマグ。


マグプルTマグ。


マルイM4用ノーマルマガジン。寸法はこれに合わせてあるのか、これが一番ガタつきが少なく感じます。


G&G CM16に付いていたちょっと長い多弾マガジン。


トイスターのM4/L85用も取り付きました。


どのマガジンでもスムーズに抜き差しが出来、撃ってみると何の問題も無くセミ/フルともバッチリ給弾されています。完璧。

・・・とホクホクしていたのですが、何か違和感を感じたのです・・・

<続く>
322  321  320  319  318  317  316  315  314  313  312 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索