~趣味の世界~
先日買ったライフルスコープ3-9×32の対物レンズ側にある調整部分、用途がよく分からなかったので放っておいたのですが・・・

ライフルスコープ3-9x32
よくわからず、出荷状態のまま∞に合わせたままにしていました。が、ここを数字の小さい方へグイーッと回すと近距離でもピントが合うのに気づきました。そういうものだったのですね・・・

ライフルスコープ3-9x32
倍率を9倍に、対物側は∞。

ライフルスコープ3-9x32
カメラのピントがちゃんと合っていないのもありますが、2mほどの距離にある本棚を見ると近すぎてボケボケです。

ライフルスコープ3-9x32
グイッと10の位置まで回してみます。

ライフルスコープ3-9x32
今度はちゃんとカメラのピントを合わせていますが、本棚の本はまだまだボケています。

ライフルスコープ3-9x32
さらに3の位置まで回しました。YDSは何?ヤマザキデイリーストアでないのは確か。

ライフルスコープ3-9x32
かなり見えるようになってきましたよ!

ライフルスコープ3-9x32
目いっぱい回し、1回転近くまで回すとそれ以上は回りません。

ライフルスコープ3-9x32
超クッキリ!すげぇ!

ライフルスコープ3-9x32
倍率を3倍に戻したところ。お座敷でも十分使えるじゃないですか!やったー!

ライフルスコープ3-9x32
ついでにレティクル発光。赤の輝度弱め。

ライフルスコープ3-9x32
緑の輝度弱め。

ライフルスコープ3-9x32
緑の輝度強め。色はどちらにしてもやはり筒内への反射がやや気になりますが、使えなくはありません。

ライフルスコープ3-9x32とマルイL96AWS
マルイL96AWSに装着した場合、マウントのネジが起こしたコッキングハンドルとぶつかっていたのでネジの向きを左側にし、レイルの後端に取り付けてもややアイレリーフが遠かったのでキングアームズのハイマウントベースをレイルの後端から半分ほどズラして取り付け。ちょっと格好がスマートではありませんがプローン姿勢でも狙いやすくなりました。スコープの軸が高くなった分チークパッドも持ち上げておきます。

1.5-4倍のスコープに較べるとやはり咄嗟のサイティングはツライのでスピードシューティングには向かないかもしれませんが、ゆっくりじっくり狙う用途であればお座敷シューターにも対応できるでしょう。5000円弱とコスパも良くオススメしたいところですがもう売り切れてました。てへっ


317  316  315  314  313  312  311  310  309  308  307 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索