~趣味の世界~
心の準備が出来たのでいよいよ分解です。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
まずクリーニングロッドを外します。
フロントサイトポストの下に掛かっている部分を下側へ曲げるようにしながら銃口方向へ引っ張ると抜けます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
次にガスブロックの下のネジを外し、ガスブロックを銃口側へ動かすとハンドガードが外れます。リヤサイト右側にあるレバーは本来そこを回す事でハンドガード上側を外すことができるのですが、この銃ではハンドガード上側の後ろの金具を留めているだけなので特に操作する意味はありません。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
ハンドガードが外れたところ。アウターバレルは割りとキズには強いようですが、フリーになった金具をカラカラ前後させてしまうとうっとおしいのでハンドガードを外したらガスブロックを定位置に組んで下のネジを軽く締めておくと良いでしょう。というか、この下のネジ失くすと致命的なので・・・

CYMA AK47タクティカルCM.039C
トップレイルを開きレシーバーカバーを外しておきます。バッテリーホルダーを留めている小さなネジを外します。このネジも大切なので失くさないように。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
バッテリーホルダーを後ろ側へ動かすとレシーバーとの噛み合いが外れます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
レシーバーカバーを留めるボタンを上画像の矢印方向に押して外します。

CYMA AK47タクティカル CM.039C
バッテリーホルダーを外します。

CYMA AK47タクティカル CM.039C
レシーバー下側にあるネジを4個外します。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
レシーバーとバレルアセンブリが分離できました。構造的にはマルイのAK47と大体同じらしい・・・

CYMA AK47タクティカルCM.039C
チャンバー両脇のネジ2個を外します。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
チャンバーとインナーバレルが抜き出せました。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
チャンバー下のC状のパーツを外すとインナーバレルとチャンバーパッキンが抜けます。この辺もマルイのAK47とほぼ同じみたいですね。社外品のマルイAK47用金属チャンバーがそのままつくように思えます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
インナーバレルからチャンバーパッキンを外しました。右がこの銃に付いていたもの。左はS&Tタボールに付いていたもので、どちらもマルイ互換。タボールのように弾こぼれはしないのでこれはまあこのまま使ってもいいかな・・・でもCM.039Cでは無いのですがCYMAのAKはチャンバーパッキンを短くぶった切って組んで初速を落とすデチューンをされている固体もあるようなのでここは必ずチェックしておいた方が良いでしょう。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
次は目指せメカボックス。グリップ底のネジを外してグリップを抜きます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
セレクターレバーの付け根のカバーはプラ製で、ツメで引っ掛けたら簡単に取れます。その下にあるネジを外し、セレクターレバーを外します。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
おっともう一個、このパーツを抜くとレシーバーとメカボックスの結合が解除されます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
上へゴソッと。レシーバー裏側には左側にあるスリングスイベルを留めている金具がはめ込まれており、念のためなのか透明なテープで留めてありました。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
メカボックス。マルイのVer.3メカボックスと互換があるらしく、マルイのAKのメカボックスとそのまま置き換えてしまえるのだそうな。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
メカボックス左側。左側を上にすると右側のセレクターのパーツが落ちてしまいます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
トリガー後ろにあるカバーがひん曲がって中身が露出していました。このパーツはメカボックスをレシーバーに収める時にレシーバーの端に引っ掛かりやすく、この個体はすでにひん曲がっていましたが後からバラして再び組んでも結局ひん曲がる運命にある気がします。はめ込まれてるだけなのでとりあえず外します。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
メカボックスとモーターの間にあるネジ2つを外してモーターホルダーを分離します。このモーターは磁力が強烈で近くにネジやスプリングなど鉄パーツを転がすと猛然と引き寄せるのでメカボックスを開ける時はなるべくネジなどを近くに置かないよう注意。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
左側に載っているセレクターパーツを外します。1個はネジどめされていますがこれも外しておきます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
メカボックス上面にあるプレートを後ろ側から細いマイナスドライバーなどを差し込んでコジりながら前側へ抜きます。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
抜けました。手で引っ張ると手を切る危険があるので前端をペンチでつかんで引っこ抜くのが良いでしょう。メカボックス上面の接合をネジの代わりにこのプレートで留めているのでそれなりに力が要ります。メカボックスをふっ飛ばさない注意。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
メカボックス左右を留めているネジを4本抜きます。前端上側を短いネジ、前端下側を中くらいの長さのネジ、トリガー後ろとメカボックス後端に長いネジ。

CYMA AK47タクティカルCM.039C
そーっとマイナスドライバーでコジコジしてメカボックスを開きます。フルオートで撃った後だとスプリングが圧縮されている事があるので注意。撃つのをやめる時かならずセミオートで1発空撃ちする習慣をつけておかないとこういう時にも危険な目に遭ったりします(最悪メカボックスを開けた時にパーツが弾けて爆発に近い事が起きます・・)。出来れば念のためモーターホルダーを外した時点で下から逆転防止ラッチを針金などで引っ張ってスプリングをフリーにしておくとなお良いでしょう。


後半へ続く


216  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索