~趣味の世界~
引き続きCYMAのAK47タクティカル(CM.039C)の作業を進めます。


初速が出ない原因はSHSのピストンの幅が大きかった事が分かり、削ってスムーズに動くようになったところ初速が大幅に向上したので・・・


次はこのピストンヘッド。どうも径が小さくてシリンダー内でスカスカになっているようなのですが、確証がまだ持てません。


ところでこのピストンヘッドはピストン後方から六角ネジで締めるものなのでピストン後方からレンチを突っ込んで締めようにも届かなくなるので作業性が非常に悪いです。ネジをプラスネジに換えてしまえれば作業性の点は解決するのですが・・・


ああ、何かそっくりなネジが転がってますね・・・ってこれはメカボックスのネジなので使うわけにはいきません。


何か無いかな~と部屋を探ってみると出てきました、色は違いますが全く同じ形状と長さのプラスネジ。タミヤのRCカーの余りネジかと思います。


しっかりと締め込みます。


メカボックスを組みつけます。


はいダメー!


また配線がちぎれました・・・これ切れるとフルオートで撃てなくなるのですね。そもそも何でセミオートでは撃てるのか謎ですが。


なんだったんだろうなこのピストンヘッド・・・色はすごく良いのになぁ・・・


初速が95m/sとちょっと元気すぎるのでノーマルピストンヘッドに戻すついでにスプリングをM100からM90に戻します。この後組み直した後でスイッチのスプリングが外れててカットオフレバーが動かなくなってたのでもう一度開けたら部屋の隅のちょっとゴチャってるところへスプリングガイドが「もっと強い奴に会いに行く」とばかりに飛び出していって探すのに難儀しました。


四苦八苦してたら両方外れちまったよ!


はんだ付けをやり直してガッチリとつけ直しました。ただFETはスイッチ配線が細くて端子への取りつきも脆弱な傾向にあるので、スイッチ保護にはわざわざ高価なFETよりも安くてお手軽なSBD(ショットキーバリアダイオード)で十分とするのが最近の流行りのように感じます。


初速とサイクルのチェック。7.4Vリポバッテリーでサイクルは18弱から18強に微増、初速は80台に落ち着きました。


9.6Vだと20ほどにサイクルアップ。ただこの9.6Vは少し消耗気味なので満充電だともう少し高まるかもしれません。

これであとはせいぜいモーターを換えるくらいしかできる事はないので、今のところはこれで完成とします。


415  414  413  412  411  410  409  408  407  406  405 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索