~趣味の世界~
東京マルイのエアコキハンドガン、コルト・ダブルイーグルです。

マルイダブルイーグル
昔ハマっていた頃(95年前後)18歳以上用HOPなし版を持っていたのですが、衝動買い的に買い戻してみました。10歳以上用HOP付き。現在は18歳以上用HOP付き・18歳以上用HOPなし・10歳以上用HOP付き、10歳以上用ステンレスHOPなしの4種類が流通しているようです。

マルイダブルイーグル
箱下側。書いてある通り、ダブルイーグルという銃はM1911A1をダブルアクショントリガー仕様にしたような銃。ただ、無理矢理ダブルアクション化したきらいがあり、当時の本だとトリガータッチが最悪だとか、80年代末に出た銃としては重く(1105g)今時コレかよ・・・という評価だったようです。

マルイダブルイーグル
マルイダブルイーグル
ただ、パッと見の格好は中々のもの。フレーム等は銀色の成型色でスライドはフレームより明るいシルバーで塗装されており、実銃同様のツートン調が再現されています。厳密には実銃のフレームの側面はスライドと同じ色で、曲面などが暗い色になっているのですが、まあそこまでは言うまい。可動ギミックはマガジンキャッチと、その上にあるセーフティレバーくらいで、ハンマーは倒れた状態で固定になっています。

マルイダブルイーグル
説明書。ダブルイーグルは分類上はマルイエアコキハンドガンの第1世代と2世代の境目にあり、1.5世代的。機構上は1世代の割り箸マガジンが今日的なマガジン形状になり、マガジンキャッチがライブになっただけなので残弾がある状態でマガジンを抜くと2~3発弾こぼれするし、仕様上銃内部に弾が数発残るようになっています。この次のオートマグⅢからが第2世代で、商品名にも「HG」が付きます。

マルイダブルイーグル
マガジンは大きさ的にはフルサイズではなく、やや小さめ。リップが可動する凝った機構がありますが、これは割り箸マガジンのリップ部分にあったストッパーの名残り。弾を込める時はこのリップをうっかり押し込まないように注意する必要があります。BBローダーでギャリギャリと込める分にはあまり苦労はありません。

マルイダブルイーグル
地味なところですが、マガジン右側面の穴からは残弾が確認できるようになっています。かなり見づらいですが・・・
ところで上写真にチラッと見えるトリガーの基部。ここはグリップパネルで押さえられており、トリガーの材質的な問題もありトリガープルはかなりグニャグニャしています。

マルイダブルイーグル
初速を量ってみるとやけにハイパワー。

マルイダブルイーグル
と、思ったら発射された弾が山吹色。銃内部に残っていた0.12g弾の初速を0.2gとして間違って算出されていただけでした。

マルイダブルイーグル
白い0.2g弾が出てくるまで撃ち、あらためて初速チェック。28~30mpsと、10歳以上用のマルイのエアコキハンドガンとしてはごくフツーの初速。

マルイダブルイーグル
外でも撃ってみましたが、10歳以上用HOPつきはみんなそうなのかホップの効きが強く、付属の0.12gだと上へすっ飛んで行くので使い物になりません。0.2gだと低速ながら真っ直ぐ飛翔してゆきます。ミニ電動ガンのように0.12gに合わせてしまうと0.2gを使った時に物足りない弾道と飛距離になってしまうからでしょう。うーん、じゃあ何で0.2g弾じゃなく0.12g弾を付属させてんだろう・・・

マルイダブルイーグル
インナーバレルはアルミ製。ただ、銃口に対し上に寄っています。この辺は古さを隠せません。また、全体的に左右のモナカ間の隙間が開いていて、このあたりも長年の大量生産によって金型がヤレてるんでは?と思ってしまう所。

マルイダブルイーグル
銃の重さは307g。軽いといえば軽いですが、グリップの握りがM1911A1と同様に絶妙な握り心地なのでチャチな感じは薄いように思えます。勿論、1kgくらいあるHW樹脂のガバメントのトイガンと持ち較べたら羽のように軽いという事にはなりますが。

マルイダブルイーグル
マガジン単体では84g。10歳以上用のマガジンは18歳以上用HOPなしと共通で、18歳以上用HOP付きのマガジンより重りが減らされています。それでも、持った感じはずっしりとして感じます。

マルイダブルイーグルとM1911A1
マルイダブルイーグルとM1911A1
マルイのエアコキM1911A1と。このM1911A1は新しい方なので大きさはほとんど同じといっても幅方向へはややスリムになっており、ダブルイーグルの方が力強く見えます。ただ、トイガンとしての完成度は隔世の感があり、片や未完成な過渡期のもの、一方はシリーズのほぼ完成形といえます。

マルイダブルイーグル
このダブルイーグルという銃、やや地味で存在が空気になりやすい感じがします。正直設計の古さは否めず、もっといいものがあったらまず触らなくなるでしょう。しかしそれでもダブルイーグルのトイガンとしては唯一の存在であるこの銃、えーと、本当に微妙だなコレ!


302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索