~趣味の世界~
中華製のL85A2です。

中華製L85A2
メーカー名の記載が箱のどこにも無く、中国製品は製品の特定が難しい・・・でもハンドガードの下にライト下げてるL85があったらコレだと思います。4千円ほどでした。

中華製L85A2
箱にはA2とありますがコッキングハンドルはA1のタイプ。エアーコッキング式で頻繁に触る部分なので重要な部分です。正直なところA2タイプのコッキングハンドルより引き易いです。
ポートカバーは閉じた状態のモールドで、ボルトリリースレバーもただのモールド。左側面のセレクターもモールド。

中華製L85A2
モナカの隙間がところどころ開いてて品質はあまりよくありません。まあ、値段なり。あと新品なのに全体的に薄汚れているというか・・・

中華製L85A2
右側面にネジ穴が大量にあり、あまり分割は凝っていません。ハンドガードも左右だけで上のカバーも一体になっています。下にはレイルがあるのでここはちょっと便利。スリングスイベルはトイスターのものとは逆で右側面にあります。

中華製L85A2
マガジンポート。チャンバーは今時の形状ですがホップアップは無し。手持ちのM4系用マガジンを色々挿してみましたがマガジンポートが前後に狭く入るものはありませんでした。

中華製L85A2
アウターバレルはプラ製。ディテールはトイスターのものより多めですが一体でM14逆ネジが仕込んであったりはせず、インナーバレルはハンドガードの中ほどくらいまでしかありません。

中華製L85A2
グリップは底が塞がっている単純なモナカ。トリガーは特徴的な形状を再現していますが、トリガーガードは上側の取り付き位置がやや上に寄っていて付け根がトリガーを引く指に干渉しがち。 その上にあるセーフティスイッチは押しが軽くトイスターのものよりは操作しやすいか。

中華製L85A2
レシーバー上面のレイルはトイスターのもののようにピカティニーレイルではなく、本来の形。マガジンキャッチはガードの高さが無く機能上はA1風味。ただロックはガッチリしておりマガジンが脱落するような事はありません。

中華製L85A2
付属のBB弾。重量は0.2gくらいありそうですが見ての通りバリがこってり付いた酷いブツです。M14にはちゃんとしたのが付いていましたが、これが中華製トイガンの標準的な付属BB弾なのでしょうね。

中華製L85A2
中華製L85A2
マガジンはM4系と同じ形状のものですが構造はトイスターと似ており、マガジンフォロワーが前面に露出している単列の部分と、それ以外のリザーブ部分とで一箇所穴で繋がっているという構造。リップ開放レバーが無いので詰めた弾を取り出しにくく、またリップ位置が奥まっているので1発づつ手で込めるのもやりにくいです。

中華製L85A2
上面にスライドするフタがあり、ここから弾をリザーブスペースへジャラジャラ流し込み、マガジンフォロワーを一番下でロックさせてマガジンを振りフォロワーの通る通路へ弾を出すのが本来の使い方ですが、あまりに前時代的でやりにくい・・・フタから奥をのぞくと錆びた鉄棒がウェイトとして入っておりマガジンはマルイの電動M4用ノーマルマガジンくらいの重さがあります。マガジン底面は何のディテールもなく残念な感じ。

中華製L85A2
中華製L85A2
トイスターのL85A2には無かったキャリングハンドル。リヤ側のアイアンサイトも兼ねているのですが、着脱はレシーバーの上面レイルに前側から差し込むだけでロックもなにもありません。上面後端にあるピープサイトは穴の大小を可倒して切り替える普通のタイプですが小さい穴が針の穴ほどしか開いていません。

中華製L85A2
中華製L85A2
フロントサイト。銃側の基部に差し込むだけですがこちらはロックのための引っ掛かりが付いていてパチッとロックできますがまあ、当然のようにグラグラぶれます。

中華製L85A2
付属のライト。形状はその辺に100~500円くらいで売ってるLEDライトの外装をさらにコストダウンしたような感じ。

中華製L85A2
レイルは単純な構造。ナットが転げるまで緩める、即ち全部外さないとレイルに取り付かない程度のショボさ。

中華製L85A2
後端のボタンもタッチが安っぽい・・・

中華製L85A2
前面は普通・・・でもないか。汚い。それも接着されてるレンズの内側が・・・

中華製L85A2
電池がすでに入っており絶縁シートを抜いてスイッチONすると光ります。でも青い超青い・・・明るさは提灯レベル。LR44が2個なのでこんなもんでしょう。多分電池より本体のが安いくらいの造り。防水性も全然無いでしょう。

中華製L85A2
SUSATはありませんが代わりに付属する酷く安っぽいトリジコンACOGレプリカ。

中華製L85A2
どうせトイスターのと同じでただの筒なんだろう・・・と思ったら絶縁シートが生えています。
え?もしかして光るの?

中華製L85A2
試しにサイトチューブを覗き込みますが、やけに視界が狭い。そしてレンズの内側が汚い・・・

中華製L85A2
生えている絶縁シートを抜き、ベース後端のボタンを押してサイトON。

中華製L85A2
おお・・・!
・・・でもドット暗くて明るい所だと見づらそう。

中華製L85A2
ACOGを銃本体に装着。こちらはちゃんとレイル取り付け用のネジが付いています。ただ一杯に締めても緩く後ろからスイッチONするとACOGが前にズルッと動いてしまいます。
SUSAT装着の姿に較べると違和感があるものの、これはこれで。

中華製L85A2
キャリングハンドルとフロントサイト装着時。

中華製L85A2
ライト装着。ハンドガードを持つ手に対し非常に邪魔な印象。この位置のレイルにはフォアグリップの方が有用でしょうか。

トイスターL85A2に中華L85A2のACOG
トイスターのL85A2にACOGを載せてみたところ。これは普通に付くのですが、キャリングハンドルはどうもうまくとりつかず、フロントサイトはロック箇所がトイスターの方には無いのでスカスカになり無理。

トイスターL85A2と中華製L85A2
トイスターL85A2と中華製L85A2。並べるとオリーブドラブの色合いが全然違いますね。

トイスターL85A2と中華製L85A2
何でこんな駄銃2つあるんだよ!って絵面。

実射性能は一応狙ったところへちゃんと飛ぶ程度には躾けられており、ノンホップながら初速も結構でておりパワフルです。コッキングはトイスターL85A2と同程度の重さ。レバー形状から若干引き易くはあるのですが、引き切る少し前くらいがちょっと重い印象。トリガーはグニャグニャでシアが落ちるまでかなりグニャるので耐久面がやや心配。発射音はバッフンという音でスプリングの共振は気になるほどではないレベル。重量は素のトイスターよりは重いもののせいぜい1.2kg程度?重心は後ろ寄り。

かなり子供だましな部分が多いトイガンですが発射機能は必要十分であるし、何より安い。使い捨て、というには頑張っているし、ネタ分もあるので。安物買いの銭失いなんてこた無いですぜ旦那。


161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索