~趣味の世界~
何となく取り出して撃ってみたら2発給弾されたり中からカタカタ音がしたりと調子を崩し気味になっているのに気づいた中華エアコキG3A3。

中華エアコキG3A3
とりあえずバラして様子を見ると内側に貼り付けたホイールウェイトがいくつか剥がれていたり、メインスプリングガイドの根元が欠けていて破片が転がり出てきたり。この銃はバリエーションであるMC51とはキャラを変えてウェイトを山盛りにしているのですが、自重を支えきれずグニャグニャしているところも多々・・・

中華エアコキG3A3
力の掛かるコッキングレバーをはじめとしてネジ受け部分がひび割れている部分もそこらじゅうにあります。ABS接着剤やアロンアルファで補修してゆきます。高初速のチープガンはスプリングも強力なだけにスプリングガイドの付け根も泣き所。3分の1ほどが欠けていたので破片を接着し、溝にアロンアルファを流して補強。

中華エアコキG3A3
スプリングガイドの取り付く後方と首周りをダメ元でエポキシパテを詰めて補強。固まったパテの隙間にアロンアルファを流してガッチリさせましたが、グニャる方向へ力を掛けたらバリバリッといきそうな気が・・・こんなんで大丈夫だろうか?

中華エアコキG3A3
パテとアロンアルファがちゃんと固まったのを確認し、内部メカを載せなおします。トリガーメカ周りのウェイトがギッチリしていますが動きに干渉したりははしませんがウェイト量はやや減らしました。またウェイトが剥がれないよう、モナカとウェイトの間の両面テープの接着面にアロンアルファを垂らして強化。

中華エアコキG3A3
モナカを閉めます。ネジ受けのひび割れを補修したのでちょっとハマリが渋くなった印象。撃ってるウチにまた割れてくるんだろうな・・・材質的な脆さだけはどうにもなりません。MC51の方はまだ売っている(しかも安い980円)のでレシーバーだけなら代えがききます。

中華エアコキG3A3
前後パーツを装着。首周りはレシーバーだけでなく前側のパーツも強化しないとあんまりガタつきは改善されない印象。簡単に抜き差しが出来るオモチャ的要素は犠牲にしたくないのでこれが限度かも。

中華エアコキMC51とG3A3
この1980円G3A3は980円MC51とレシーバーが共通なので前後パーツの相互互換があります。ハイダーも長短入れ替えられます。MC51の方に色々盛り付けてあるのはご愛嬌。

中華エアコキMC51とG3A3
ハイダーだけ交換して長さを平均化。MC51はG3A3とは逆にウェイトを全て取り除いて軽量化してあります。惜しむらくはストックが伸縮しない事。いずれ何とかしたい部分です。

中華エアコキG3A3
マガジンアダプターを自作してマルイスタンダード電動M4系マガジンを利用できるようにしています。装着状態はあまりカッコ良く無いのですが実用面ではてきめんに効果があります。

箱出しで初速が85mps/0.71jほど出ており安い割りにイジリ甲斐のあるチープガンです。




277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索