~趣味の世界~
マルイの電動ガンBOYs G36Cを分解します。

マルイBOYsG36C
マガジンを抜き、ハンドガードを外して電池を抜いておきます。ハイダーは下側にあるピンをペンチなどでつまんで引っこ抜くと外せるようになります。ただモナカを開けるだけならハイダーを外す必要はありません。

マルイBOYsG36C
バレル先端部の横に刺さっているピンを爪楊枝などでつついて抜き、バレル先端部を抜きます。ピンは失くさないよう注意。あとは右側に見えるネジを全て外します。ストックの付け根に隠れる部分の細かい2本のネジは外す必要はありません。この2本を外してもストックは外れません・・・

マルイBOYsG36C
マイナスドライバーなどでコリコリとモナカを開いてやります。ストックを外す時はモナカ右側の内側に取り付いているネジ2本を外す必要があります。

マルイBOYsG36C
BOYsG36Cのメカボックス。黒い半透明のメカボックスですが、やはりBOYIのM4CQBに入っていたメカボックスのコピー元である事がわかります。ほぼ同じ。

マルイBOYsG36C
チャンバー側からインナーバレルを覗いたところ。上面にホップアップを掛けるゴムの突起が突き出ており、中央が切り欠かれ2箇所でホップを掛ける構造。

マルイBOYsG36C
メカボックス右側のシリンダーの下に掛かっているスプリングの片側をはずしておきます。メカボックスに掛かっている側はカシメられているので取り外す事はできません。スプリングを外したら見えるネジを全て外しモナカを開けます。メカボックスのネジはこちらの方が太くて高品質のタッピングビスで、短くて太いものが5本、長くて細いものが2本、短くて細いものが1本。メカボックスの内部もやはりそっくりですがこちらはギヤが真っ白いです。

マルイBOYsG36C
ピストンやシリンダーの基本構成は同じ。ただピストンヘッドはBOYIのものはヘッド一体で先端中央にバンパーがありましたがマルイのものはヘッドが別パーツでバンパーがありません。このあたりの互換性は試してみないとわからないところですが、BOYsのメカボックス内パーツなんて社外品も無いし純正パーツも売られていませんのでやるならメカボックスごと移植でしょうが、勿体無くないですか?2つの合計金額でCYMAやA&Kあたりの電動ガンが買えます・・・

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズ おとなスプリング(バリ硬)
ライラクスのBOYs大人シリーズ おとなスプリング(バリ硬)。どうせ安いし・・・と2種類とも買っておきましたとも。チョイ硬とバリ硬がありますがこちらのG36Cは強度的に不安が少ないのでバリ硬を。

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズおとなスプリング(バリ硬)
ピッチの細かい方をスプリングガイドに挿し、メカボックスへ組み込みます。あまりスプリングが強まった印象は無く、何の苦労も無いですが頑張った感も無いのが寂しいところ。

マルイBOYsG36C
トリガーと連動するこの位置のパーツがウザイのも同じ。メカボックスを閉める時はここをピンセット等で押さえながら作業する事になります。

マルイBOYsG36C
メカボックス右側は上から垂直に降ろしてやると難なくピンが穴に収まってくれます。ネジ位置は上画像を参照。

マルイBOYsG36C
ネジを締め込み(締めすぎないように!)シリンダー下へスプリングを掛け直したらメカボックスは完成。

マルイBOYsG36C
チャンバーは固く差し込まれておりちょっと苦労。インナーバレルとチャンバーを掴んで引っこ抜くとまず上画像のように分離。黒い筒はチャンバーパッキンです。インナーバレルが刺さっている部分はかなり固く、白い樹脂パーツの下にラジオペンチを当て、その下を掴んで手の指を挟むようにテコの原理で押してやっと抜けました。

マルイBOYsG36C
インナーバレルはアルミ製で、溝も何も無いただの筒。

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズおとなバレル(超精密インナー)
ライラクスのBOYs大人シリーズ おとなバレル(超精密インナー)。こちらはスプリングに較べるとちょっと高めですが折角だからと買っておきました。上側の片側にゴムパッキンが付いている方がおとなバレル。ステンレス製でずっしり重いです。

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズおとなバレル(超精密インナー)
こちらはスポッと軽く刺さります。

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズおとなバレル(超精密インナー)
チャンバーへの差込みは溝にレールを噛みあわせて差し込めばホップ角度もちゃんと取れます。

マルイBOYsG36C
メカボックスとバレル/チャンバーをモナカへ戻します。インナーバレルはロングバレル化しないのか?と思うでしょうがシリンダー容量が小さいためこのバレル長が最適な長さであり、これより長くても短くても初速は落ちる事はあっても向上する事は無いハズです。またBOYsのメカボックスとインナーバレルは全部同じようなのでこの辺もBOYsに長銃身の銃が無い理由でもあります。いいからロングバレルにしたいんじゃ!と思ってもインナーバレルの先端から先はインナーバレルが通らないよう細められている上に削って通さないよう電池ボックスと干渉するようになっています。マルイはこういうところが非常に意地悪い・・・子供が買って安易に改造するのを防ぐためには仕方なく、マルイもかなり頭を絞ってこういう構造にしているのです。悪いのは全て改造銃で問題事を起こすアホですので。

マルイBOYsG36C
話がそれましたがメカボックスをモナカに載せる時は配線をメカボックス後端の上側ラッチには掛けず、上画像のようにシリンダーの横辺りに通します。上へ出してしまうとチャージハンドルに干渉してしまいます。ひっかけ問題に騙されないように。

マルイBOYsG36C
電池ボックスの後ろに来る配線は上側の赤い配線はその場で余った分をまとめますが、黒い配線は通る道が決まっており、上側からインナーバレルの脇を通り下側で余った分をまとめます。

マルイBOYsG36C
まだひっかけ問題は残っていました。チャージハンドルはその後ろのスプリングとスプリングガイドをメカボックスと同時に載せてやらないとうまく取り付きません。メカボックスを一旦載せて浮かしながらチャージハンドルを取り付けても良いのですが、スプリングが後ろへ飛んでったりメカボックスの位置決めをしているピン2本がポロポロ抜けたりとちょっとイライラする部分があります。トリガーはBOYIのものとは違いメカボックスとの間にコイルスプリングがあるだけなので簡単。

マルイBOYsG36C
おっとまだ残っていました、グリップセーフティのパーツを忘れずに取り付けます。銃をより軽くしたい人はグリップ内の重りは外してしまうと良いでしょう。

マルイBOYsG36C
モナカ右側を載せ、ダボなどを合わせてハメコミます。

マルイBOYsG36C
ネジを締め、バレル先端のパーツをはめ込みピンを挿して固定。後は電池を入れてハンドガードを取り付け、マガジンを挿して完成。

マルイBOYsG36C
まず分解前に測った初速。

マルイBOYsG36CとライラクスBOYs大人シリーズおとなスプリング(バリ硬)とおとなバレルを組み込み後
スプリングとバレルを組み込んだ後の初速。サイクルはほとんど変わらず、初速は30~35mpsから40前後に向上。向上、つっても微々たる差やなぁ・・・

マルイBOYsG36C
ノーマルのままでも十分楽しめるBOYsG36Cですが、やはりもうちょっと初速が欲しい・・・という大人の方にはこの大人シリーズのスプリングとバレルを組み込むのは「とめません」が、組み込んでももうちょっと欲しい・・・となるのがオチですのであまり強くは勧めません。物好きな方に。店側も地域によっては条例で処罰の対象になるのでどうせ子供には売ってくれないでしょうが、もし何らかの手段で手に入れたとしても、BOYsがスタンダード電動になるわけでは無い事を憶えておいていただきたい。大人になって強パワーの銃を手に入れられる年齢になっても子供レベルの分別しか無いようなら持つべきではありません。



234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索