~趣味の世界~
先日何となくふとしばらく触ってなかったUMAREXのG36CVを庭撃ちしたらフツフツといじりたい症候群を発症したのでパーツを衝動買いしてみました。


短い銃はつい長くしてみたくなるもの。しかしG&PなどのG36Kフロントキットは黒しか売ってないので半端にツートンになってしまうのもな・・・と先送りしていたのですが、見るとFDEカラーのハンドガードが売られていました。値段も4千円台とお手頃。


UFCのUMAREX G36用ミリタリーハンドガードFDEです。


内容はG36Kタイプのハンドガード(FDEカラー)と、同色のフォアグリップ。


UMAREXのG36KVのハンドガードにはレイルが付いていませんが、このハンドガードはすでに左右と下面に金属製のレイルが装着済みで、G36CVのものが長くなったような構成。


フォアグリップは下端部分を回すと締め緩めが出来るようになっている、G36CVに付属の物と同様のもの。ただしG36CVのフォアグリップはDEカラーでも黒いものが付属なので、色を合わせたい向きにはちょうど良いもの。


フォアグリップをハンドガード下のレイル後端に装着したところ。すんなり装着できました。


色は「FDE(フラットダークアース)」で、本体とは微妙~に色合いが違いわずかにオリーブドラブっぽさがありますが、余程神経質にならなければ気にならないのでは。


早速装着してみましょう。まずは元々のCハンドガードをフロントサイト下のピンを抜いて外します。


あとはいつもバッテリーを繋いだあとハンドガードを付け戻す時のようにKハンドガードを装着するだけ。超簡単です。


長さの比較。CとKのハンドガードって大して差が無いように思えますが、いざ換装してみるとやや間延びして感じる辺りはマグプルのMOEハンドガードを7インチ(カービンレングス)から9インチ(ミッドレングス)に替えた時と似ています。


ただ単純にハンドガードのみを換えただけではバレル長が足りず、ハイダーがハンドガード内に埋もれてしまいます。


バレルエクステンションとKハイダーまでは揃えられなかったのでとりあえずサイレンサーで延長しておきましょうか。ハイダーを外し、まずはライラクスのファットサプレッサー100を装着。UMAREXのG36CVのハイダーは正ネジタイプです。


ファットサプレッサーは外径が30mm。ハンドガード前面の穴を通せませんでした。次。


同ライラクスのスリムサプレッサー150を装着。こちらは外径23mm、長さ150mmです。


こちらは無事通りました。外径25mmくらいまでなら大丈夫そう。


ハンドガード前端から先の長さも大体G36Kと同じくらいでしょうか。しばらくはこれでしのぐ事にします。

(後編へ続く)
373  372  371  370  369  368  367  366  365  364  363 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索