~趣味の世界~
G36CVにキャリハンスコープを取り付けたものの、正直使いにくい・・・しかし元のトップレイルはKの長さだとどうもあんまりカッコ良くない。というかキャリハン自体がカッコ良くない気がする!それではキャリハンをなくした前後に別れた形のマウントは無いか、というとフリーダムアートなどから出てはいるのですが既に流通が無くなっています。


いっその事自作してしまうか・・・でも、やれなくはないが面倒だわ・・・
と思っていると、銃本体の方にレイル状のものが付いているのに気付きます。


幅は16~17mmほど。前後には短いですが実に丁度良い位置にあります。


BOYS用のパーツはそのまま取り付きます。といっても上に取り付けるものはこれしかありませんが・・・
ただこのパーツはただの1.5倍率程度の望遠鏡なので取り付けていても役には立ちません。


20mmレイル用の光学機器をただ載せてもレイル幅が足りず噛みませんのでプラ板を挟んでやる事にします。1mmプラ板を幅4mm長さ適当に切り出します。


左右1枚ずつだと微妙に足りないので片側を2枚にして左右合計3枚挟めば固定できそうです。


固定できました。ぐらつきもまあ許容範囲かな?


このACOGレプリカは目にギリギリに近づけないとちゃんと覗けないほどアイレリーフが近いのですが、この位置だと非常に覗き込みやすいです。G36系はキャリハンが無くなると長く見え、ちょっと新鮮味があります。


T-1タイプドットサイトも載せてみました。実用性では十分ですが、キャリハンを取り外した下の基部が剥き出しなのはあまりカッコ良くないのでちょっと本末顛倒かもしれません。
387  386  385  384  383  382  381  380  379  378  377 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索