~趣味の世界~
G&P G36Kフロントセット【GP497】です。


おなじみビニールに入った梱包。


通販で11219円でした。


内容は左右と下にレイルが装着済みのハンドガード、アウターバレル&ハイダー、フォアグリップ。



ハンドガード。前述の通り左右と下にレイルが装着済み。


ハンドガード内側。前方左右にリブが付いています。以前買ったDEカラーのものにはこのリブはありませんでした。


フォアグリップは下端のネジを締めるとレイルに接する部分にあるパーツがせり上がってレイルと固定される、使いやすいタイプ。UMAREXのG36CVに標準で付属するものと同様のものです。


ねじ抜くとこうなっています。


今回の主目的であるアウターバレルとハイダー。STARのG36Kアルミアウターバレル&フラッシュハイダーがあれば良かったのですが、国内の通販サイトではどこも売り切れのようです。


このG&Pのものはアウターバレルは真っ黒の半光沢で、フラッシュハイダーはつや消しのパーカライジング。


アウターバレル先端はM14逆ねじ。ハイダー側に針金のスプリングがありますがあまりテンションは掛かっていません。


以前買ったDEカラーのハンドガードと。質感はあまり差がありませんが、レイルは今回のG&Pのものの方がつや消しが強くて一見雰囲気が良いですが、ちょっと擦ると剥げて地金が出てしまいます。


前を揃えているのですが、若干全長が5mmほど違うような・・・


下面の穴や、そこから後ろにかけての形状など、微妙に造形の差異があります。


銃本体に固定するピンがハンドガードに取り付いていますが、外そうとすると固い!ラジオペンチでやっと引っこ抜けるレベル。


銃本体に付属のもの(下)との比較。今回のものに付属の黒い方は若干太いのか、銃に付属のピンだと抜き差しに苦労しません。


では銃本体にアウターバレルを、と思ったら取りつかない・・・UMAREX G36CVの銃側のネジは正ネジなのです。


ライラクスの正逆変換アダプターを介して装着。予定より少し長くなってしまいますが仕方ありません。


ハンドガードはすんなり取り付きました。


G36Kのイメージ的に若干アウターバレルが長いけど、許容範囲かな?
UMAREXのG36系はアウター後半の根元の取り付けがあまり堅牢ではなく、ハイダーを持って揺すると結構グニャグニャしています。まあフルサイズG36以外はあまりハイダーやアウターバレルを掴むような事はないだろうし、触らないよう心がけていればまあいいかな・・・



やっとG36KVの姿になりました。費用対効果でいえば、G36KVをもう一挺買った方が良かったわ・・・

補足ですが、G36系の電動ガンで正ネジになっているのはUMAREXの他にARESのものもあり、こちらもアウターバレルがオプションパーツとしてあるもののやはり品切れで、そもそもほとんど出回りが無いのだそう。マルイやSTARなど他メーカーのG36系はどれも逆ねじのようです。換装するより、銃本体ごと買った方が早そうです。いや、早いです。


385  384  383  382  381  380  379  378  377  376  375 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索