~趣味の世界~
980円中華エアコキMC51は値段からすれば良い銃なのですが、惜しいのはストックが縮んだ状態で固定な事。1点スリングをつけてこれを突っ張らせる事でストック代わりにしてみたりしますがやはりもう少し長さが欲しいところ。

中華エアコキMC51ストック
構造としてはこうです。完全に縮んだ状態でのモナカ構造ですが、ストック一式パーツは左右にあるボタンを押しながらレシーバー後端から引っこ抜く事ができます。

中華エアコキMC51ストック
しかし短いのは如何ともしがたいのでちょん切ります。裏側にあるボタンパーツ基部のダボは利用できそうなので残しておきます。

中華エアコキMC51ストック
さて後付けのストックといったらやはりストックチューブ&M4ストックでしょう。幸いブッシュマスタータイプストックもたくさん余ってます。ストックチューブは外径30mmがあると良かったのですが売ってなかったので28mmの塩ビパイプ。しかしこの太さがちょうどストック基部にキレイに収まるではありませんか。これは僥倖。

中華エアコキMC51ストック
ストック基部の内側に残したダボに合うように塩ビパイプに穴を開け、微妙に干渉する部分を削って組み付けたところ。

中華エアコキMC51ストック
左右のボタンをうまく切ってみるとちょうどよくパイプの受けになったのでパイプの左右に貼り付け、固定箇所とします。塩ビパイプは材質がその名の通りポリ塩化ビニル(PVC)でアロンアルフアの接着力が強烈に効きます。

中華エアコキMC51ストック
塩ビパイプの外径が28mmのままでは差し込むストックに対してガバガバなのでプラ板を巻いて太らせます。パイプとプラ板の接着にはアロンアルフアを使いますが、やり直しが効かないくらい一瞬でガッチリ貼り付いてしまうので正確に、一瞬で勝負をつける必要があります。失敗してちょっと空間が出来てしまいました。プラ板の上にプラ板を重ねるには流し込みタイプの接着剤を使用します。プラ板をあらかじめ巻いてクセを付けておき、ちょうど一周分を切り出して貼り重ねます。継ぎ目は後で下側にロッキングブロックを作るので真下になるようにします。

中華エアコキMC51ストック
真下の位置にロッキングブロックを形作ります。付け根から端まで同じ高さでもいいのですが、このように有効になるロック位置だけを高くして、一番端に抜け止めとして一段高くするだけでも十分。ブロックの幅は今回は使用するストック(中華エアコキM4Sシステムに付いていたもの)に合わせ11.5mmですが、マルイ電動M4用などではもっと幅が広いので現物合わせで。細い方が対応範囲が広いですがガタも多くなります。

中華エアコキMC51ストック
リューターでロック穴を掘ります。穴は5つで5ポジション。手作りなので穴の数と位置はお好みで。穴径9mm、深さ3mmほどですがこれもストックによりけり。この穴径だとマルイM4用やG&G CM16用がキレイにロックできなかったので10mmくらいあった方がいいでしょう。

中華エアコキMC51ストック
チューブの付け根は細切りプラ板を巻いてパイプリング風にし、チューブ後端は塞ぎ、他各部をキレイに処理します。

中華エアコキMC51ストック
キャロムのブラックスチールで塗装。雨降りで湿度が高かったのでカブってしまいました・・・

中華エアコキMC51ストック
ストック基部にチューブを配置。基部モナカを左右から挟むだけでそこそこしっかりするようにしていますが、所詮ぶった切って剛性の落ちた構造のABS樹脂なのでまあまあそれなりにギシギシします。必要十分。

中華エアコキMC51ストック
さてストック基部とレシーバーをどう固定するか・・・ロックボタンはチューブを通すために殺さざるを得なかったので。

中華エアコキMC51ストック
深く考えず、左側のこの位置に余ったネジを刺して固定しました。マルイのエアコキMP5なんかもこの位置にネジが刺さってたはず。G3の方のレシーバーにも穴開けておけば互換は保たれます。

中華エアコキMC51ストック
完成!名付けるならばマルゼンぽくMC51チャージャー?

中華エアコキMC51ストック
ストックもスムーズに伸縮できます。しっかりとサイティングできるようになりましたが、チューブ基部はあまり強くないのでバットプレートを右肩に当ててコッキングレバーを引いたりする時などに力が加わるシチュエーションでの安心感がやや足りない印象。ストックチューブの芯となる塩ビパイプの前端はレシーバー後端と接しているので心配しすぎかもしれませんが・・・

中華エアコキG3A3とMC51
互換のある中華エアコキG3A3と。一番縮めた状態でG3A3のストックとほとんど長さに差がありません。

中華エアコキG3A3とMC51
ストックを伸ばすとG3A3より長くなってしまいました。MC51の方はストックを縮めて800mm、伸ばして900mmという長さ。ハイダーを交換しているので戻せば長さは逆転します。

@@@

銃本体が980円、ならばこそお金を掛けずに楽しむのも一興。プラ板やその他材料をこねくり回す事で作れる範囲は案外広いものですね。




291  290  289  288  287  286  285  284  283  282  281 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索