~趣味の世界~
引き続きコトブキヤのフレームアームズ・ガール バーゼラルドです。


素体部分は出来上がりましたがまだランナーはこんなにいっぱい残っています。残りは装備パーツですがパーツ点数山盛りなのでどんどん組み進めましょう。


武装足ができました。


背負い物とサブアームができました。


サブアームの肩の部分にアタッチメントを介してスラストアーマーが付きます。スラストアーマーにはライフルが計4挺マウントされます。





合体させて装着。足は太ももの下から差し替え、背負い物は尻尾を外した穴に差し込みます。


可動部分が多く、よく動くのですが髪が背負い物と二の腕のパーツに干渉して首を左右に動かしにくい・・・


スラストアーマーはアタッチメントを外して腰横に付ける事もでき、何か見覚えのあるシルエットになります。


台座は背中後ろのバーニアでは位置が高すぎるので尻後ろの部分に挿しますが後ろ側だと足の接地が台座の外にはみでるので上写真のように前側から差し込んで使うとよいでしょうか。



フレームアームズ・ガール全員集合。
次は塗装ですが無塗装パチ組みでも設定画通りに細かく色分けされているので、しなくても不足は感じないかと思います。

引き続きコトブキヤのフレームアームズ・ガール バーゼラルドです。


ランナーを洗浄し水を切って乾燥させたらいよいよ組み立て。無塗装パチ組みならニッパーとヤスリ、あとカッターがあれば十分。


説明書通りに頭部から組み、胴体が出来上がったところ。


腕が出来上がりました。


足が出来上がりました。


合体させて素体部分の完成。


可動に関してはさすがにFAGマテリアほど大きくは動きませんが、脇は少し閉じるようになりました。


股関節は大きく動かそうと思うと左右に開かざるをえず、何かに跨らせるとガニ股になりがち。


割ときれいに正座ができます。


ポージングは自由度が高いですが、ヒールが高く接地面が少ないため台座無しで立たせるには重心バランスをとるのに多少の手間を要します。


FAGマテリアと。頭頂高はほぼ同じ。




次回は装備を組みます。時間切れ。

(続く)

コトブキヤのフレームアームズ・ガール バーゼラルドです。


FAG轟雷の派生型ばかりだったFAGシリーズに新たな風。


箱は縦横が同じで厚みが違う、これまでと同様のものですがスティレットの箱よりわずかに大きいサイズ。


箱にはギッチリとランナーの山。












説明書。18ページ構成で折り込み等は無くシンプル。



パーツA、B。
パーツBは成型不良の個体がネットでチラホラ報告されているので開封時によくチェックしておきましょう。


パーツC、D、
E、H、台座。


パーツF、L。


パーツJが2枚。


パーツK、N、
Mが2枚。


パーツIが2枚。


パーツOが2枚。


パーツPが2枚、
PC-Aパーツ、PCパーツ。


クリヤーグリーンのパーツG、胸部前後、顔パーツが5個、
手首パーツ6セット、尻尾パーツ、ポリキャップが3個。


デカール。


顔は4種と塗装されていないものが1つ。頬のチーク(頬紅)は塗装されていますがハイライト(頬紅の白い点)は入れられていません。


袋から出して箱へ戻してもこの物量感。例によってランナーは離型剤が残っていて触っていると手がヌルヌルしてきます。いつも通り中性洗剤でランナーを洗うところから始めましょうか。



中性洗剤を水を張ったバケツに数滴垂らしてそこへランナーを30分程度浸ければ十分とされています。風呂場の洗面器にお湯を満たして洗剤を2滴ほど垂らしたものにビシャッと浸けてゆき、下から引っ張り出して使い古しの歯ブラシで軽く擦って泡立たせたらまた浸けて、全部擦ったらシャワーでお湯をかけて流すという手順をとりました。

(続く)

前回に引き続き東京マルイのM4A1 MWSです。


それではいよいよマガジンにBB弾を込めて実射に移りましょう。マガジンにBB弾を込めるには付属のローダーの他、BBローダーを使うのが便利でしょう。マルイのBBローダーにはガスブローバック用のアダプターが付属しているハズなので、それを出口に装着してマガジンリップに被せギャリギャリと弾を送り込みます。


初速は82~86m/sほど。この日は30℃ある暑い日だったのですが、ガスブローバック長物は気温にかなり左右されます。


フルオートのサイクルは秒13.63発と計測されましたが、これも気温にかなり左右されるので参考程度に。


全弾撃ち尽くすとボルトストップが掛かってホールドオープン。箱出しでは若干ホップが強かったのか狙点よりやや上めに飛ぶ印象。


ホップの調整はテイクダウンを行う必要があります(しなくても出来なくはないのですが、した方が楽です)。まずはマガジンを抜きます。


レシーバー後方のテイクダウンピンを左側から押して飛び出した分を右側からつまんで引っ張り、止まるところまで引っ張り出します。


ちょっと固いですがエイヤッとアッパーレシーバーを押し上げるとガチャッとテイクダウンします。


ロワレシーバー側。ハンマー周辺などは実銃とはかなり違うそうですが、メッキされていて見た目にはキレイです。


アッパーレシーバー側の後方からボルトアセンブリをチャージハンドルごと引っ張り出します。


取り出されたチャージハンドルとボルトアセンブリ。


下側。ボルトの下にはガイドローラーがあります。


チャージハンドルとボルトアセンブリを取り出したアッパーレシーバー内には前方にホップ調整ダイヤルがあります。ダイヤルにはクリックがあり、銃の前方向に回すとホップが弱まり、後ろ方向に回すと強まります。


とりあえず3クリックほど弱めておきました。


元に戻しましょう。ボルトアセンブリの上にチャージハンドルを被せ・・・


アッパーレシーバー後方から差し込み・・・


奥まで差し込みます。


アッパーをゆっくり閉めようとするとボルト後端とリコイルバッファの頭が当たって引っ掛かるので、ガチャッと勢いよく閉めてしまいます。


閉めたら右側に飛び出しているテイクダウンピンを押し込みます。


これでOK。



さて折角なのでハンドガードもちょっと外してみましょうか。下半分はレシーバー前のデルタリングを後ろへ引っ張りながらハンドガード下半分の後端を下へ逃がすと外れます。


上半分は上面後端のネジで固定されているのでこのネジを外し、デルタリングを後方へ引っ張りながらハンドガード上半分の後端を上に逃がすと外れます。


ハンドガード上下を外したところ。説明書の冒頭にもあるように、ハンドガード内のアウターバレルは太いブルバレルになっています。海外製電動ガンのようにガスチューブもあるだけでなく、ハンドガード内側には遮熱板も再現されています。


ハンドガードはリアルサイズのものがポン付けできます。ただしデルタリングのギザギザがややルーズに作られているためか少しグラつきます。元のレイルハンドガードは上半分の後端でネジ留めされているためガッチリしているのですが、社外品に換えてガッチリさせるなら何か固定のためのひと工夫が要るでしょう。


ストックもついでに。標準のブッシュマスタータイプは下のレバーを下に引っ張りながらストックを後方へ引っこ抜く事ができます。


抜けました。


MAGPUL PTSのCTRストック。このストックは内側を削り込んですり合わせないとトイガンのストックチューブにはキツかったのですが、現在巷で売られているレプリカはそのまま取り付くかと思います。(実銃M4系のストックチューブは細めのミルスペックと太いコマーシャルの2種類があります)


グリップは実銃サイズらしいので実銃用が普通に取りつくようですが、多分「WA M4GBB用」として売られているものなら取り付くでしょう。グリップ下から覗くと奥に六角ネジが1本見えます。六角レンチは普通のLレンチでは届かないので長いものを用意する必要があります。


銃口を覗いたところ。インナーバレル前端はフロントサイト前端辺りまでで、インナーバレル長は250mmのようです。


標準のレイルハンドガードはネジで留めている部分の後端がデルタリング側に刺さるような形なので他のリアルサイズのM4には取りつかないかもしれません。


銃本体の重量は2499g。


マガジンは463g。


マガジン込みの重量は2961g。



@@@





同じマルイのスタンダード電動ガンM4A1(だったもの)と。
同じトイガンといっても電動ガンとガスガンは全然違う種のものなので較べるのはナンセンスかもしれません。どちらがいいか?どちらが優れているか?それも人によるし目的によっても違ってきます。となればどちらが自分にとって目的に合致しているか?が重要であり、それは触ってみる事が一番理解が進むでしょう。
今回のこのM4A1MWSを買った事で、私にとっては長物ガスブロの結論がぼんやりと出たように感じます。現在長物ガスブロは3挺持っていますが、派手な音の出るもの、リコイルの激しいもの、そして快調に動作するもの。1挺でそれら要求性能を全て賄えるものは、多分存在しないという事。結局、この趣味が続く限り色々買いまくるしかないのです・・・

東京マルイのM4A1 MWSです。

ふと全弾撃ち尽くすとボルトストップの掛かるM4が欲しくなりどんなのがあるか見繕ってみると、マルイのガスブローバックM4A1MWS、次世代電動ガンだとSOPMODバッテリーのものを除外すると素M4A1かHK416Cの3つ。素M4は今更な感じがするしキャリハンやハンドガードなどいらないパーツが多すぎる。HK416Cは短すぎるのと十字断面の持ちづらいレイルハンドガードを他のに換えられないので消去法でM4A1MWSになりました。マルイのガスM4は10インチバレルの短いモデルが出たら考えようと思っていたのですが、まあ待っていたらいつになるやらわかりませんし。


外箱は素M4をストック縮めた長さ分しかないのでそれほど大きいものではありません。Amazonで買ったら幅が5倍くらいある柱状の段ボールに入れられて来ました。


開封。次世代電動ガンほどには高級な梱包ではありませんが、どうせ捨てちゃうんだからもっと安い箱でいいのに。



そこかしこに注意書きが貼られています。18歳以上用なので注意点も多く、侮って迂闊な扱いをするとケガをするしさせもします。


取り出したところ。説明書、マガジン、マズルキャップ、サイト調整ツール、BB弾、ターゲット用紙等。あれ?何か足りなくね?


箱の下の方、ちょっとわかりにくいところにローダーとクリーニングロッドが束ねて入っていました。


















説明書。最初に熟読しておくことを勧めます。予備知識無しに本体をいじっても分からないところが多いです・・・


眺めてみましょう。アウターバレルは当然金属製で、というか樹脂の部分がグリップとストックくらいしかありません。ハイダーは14mm逆ネジでイモネジ固定にはなっておらず、ハイダーの穴位置はちゃんと上になっていますが少し緩くて、更に締め込むとハイダーの穴位置が横になってしまいます。シム代わりにゴムのOリングで締め込みの微調整がされています。


フロントサイトはおなじみの固定A字型で、スリングスイベルはありません。サイトは付属の調整ツールで微調整ができるようになっています。その後ろにハンドガードキャップがあり、レシーバー前のデルタリングとの間には4面レイルのハンドガードが挟まっています。


レシーバーは金属製。セラコートというコーティングがされていて色は暗いグレー。インディのパーカーシールに近い色でしょうか。スタンダード電動ガンの素M4等のレシーバーよりは暗い色です。


グリップは樹脂製でフィンガーチャンネルのあるA2タイプ。電動ガンのA2タイプと較べるとかなり細く感じます。


レシーバー上のレイル後端にはフリップアップタイプのリヤサイトが取り付けられています。


ストックは伸縮タイプ。おなじみのブッシュマスタータイプです。


下のレバー後半を握り込んで後ろに引っ張るとスライドします。スリングスイベルは銃全体の中でストック後端下にしかありません。


レシーバー右側面にはライブとなるボルトフォワードアシストノブがありますが、押した手応えは電動ガンのものとあまり変わりません。ここはあまり触る事も無いでしょう。右側セレクターの表示はちゃんと左セレクターレバーの動作に連動します。


リヤサイトはいわゆるナイツタイプで、ピープの大小の切り替えはできませんがその下の円筒状の部分を回す事でピープが上下します。また左側にあるドラムを回すと左右調整できます。


畳んだところ。レイル上にドットサイトを載せた時は倒しておき、光学サイトの故障の時は立ち上げてオープンサイトとして使用します。等倍のドットサイトならチューブやレンズ越しに見る事ができますがスコープのレンズ越しだとフロントサイトが見えないので、その時はスコープを外すしかありません。


サイトの見晴らし。ピントがちゃんと合っていなくて見づらいですが、実際にはピープの穴を通してフロントサイトを見て照準します。ハンドガンなどのサイトに慣れきっているとピープサイトは少し使いにくく感じるかもしれませんが、これは慣れ次第。


エジェクションポート。当然カバーも可動します。


カバーを閉じたところ。チャージハンドルを引くとボルトの後退に連動して自動的にカバーがひらきます。カバーの蝶番の下にクッションが貼られていますが、これカバーが勢いよくレシーバーに当たって傷が付くのを防ぐ初期保護用のもので、剥がしても構わないでしょう。お好みで。


レイルハンドガードは上下分割でガスチューブも再現されています。ハンドガード内には金属製の遮熱板も取り付けられています。


アウターバレル上には刻印があります。


チャージハンドルを引いたところ。ストロークは長く、電動ガンと違いちゃんと手応えがあります。チャージハンドルは手を離すと前進しますが、空のマガジンを挿した状態でチャージハンドルを引いた場合はボルトが後退位置で保持され、チャージハンドルは前後にテンションの掛かっていないブラブラな状態になります。


チャージハンドルを引いてハンマーがコックされると、セレクターをSAFEに入れる事ができるようになります。この状態ではトリガーがロックされます。セレクターはハンマーが倒れている状態ではSAFEに入らない、実銃通りの動作になっています。


グリップは細身でまあ握りやすくはあるのですが、電動ガンのグリップに慣れきっていると細すぎるように感じてしまいます。


マガジンにガスを入れます。マガジン底部に注入口がありますが、バルブは少し傾いているのでマガジン底部に対し垂直にではなく、バルブに対して垂直になるようにガス缶のノズルを差し込みます。


マガジンを挿し込みます。まだあたりがついていないのか少し硬め。ガチッとはしているのですが。


前述のように空マガジンを挿してチャージハンドルを引くとボルトストップが掛かってチャージハンドルは手を離しても前進せず、前後にブラブラになります。


ボルトストップが掛かっている時はレシーバー左のボルトキャッチが持ち上がった状態になっています。


ボルトキャッチを押し込むをボルトがパシャンと前進します。さすがに海外製のもののような「ジャッキーン」とはいきませんが、派手な音とは大抵作動性と天秤にかけられているので派手な音のする銃を買っておけばこちらはこちらで納得できるハズ。


トリガーを引いてドライファイアするとペッという音がしてハンマーが倒れます。トリガープルは短くて軽いもののL96AWSみたいなエアコキと較べたら驚く程のものでは無いのですが、引いた先にコリッとした手応えの位置があり、どこでシアが落ちるのかは把握しやすいでしょう。

(続く)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索