~趣味の世界~
ちょっと間違いに気付いたので訂正を。
スネのピンの径が違うと言いましたが違うのは
中央の丸径のピンと隣接しているL型ないしT型の副ピン。
1st.ではL字型をしていたものが3rd.ではT字型に変わっており、
ここが引っ掛かって装着できないものと確認しました。

3rd.と1st.のスネの比較

左の肌色が3rd.tall素体、右が1st.であるウェルクストラのスネパーツ。
加工するにしても形状が違いすぎるため難しいところです。

3rd.素体の首のヒビ
色々試している内に首のパーツにヒビが入ってきました。
砕けてしまうと取り返しが付かないので無理は禁物。

ついでなので前回まで装着例を示した1~10弾の他のものも
試したのでここに掲載しておきます。

ウェルクストラと3rd.tall素体
ウェルクストラは首の径が細くハメてもすっぽ抜けてしまいますが
他のパーツはあらかた取り付きました。
拡張ハンガーの腰うしろの穴も何故か浅いながらも取り付きます。

ヴァローナと3rd.tall素体
ヴァローナは全てのパーツが問題なく取り付きました。
ただし尻尾パーツはヴァローナ専用となる拡張ハンガーの
一番下の穴が3rd.tall素体付属のハンガーには無いので
腰うしろの下側の穴に挿す事になります。

ブライトフェザーと3rd.tall素体
ブライトフェザーはあらかた取り付いて見えますが
胸パーツは素体の背中側に穴が無いためちょっと浮きます。
腰うしろも差込みがやや浅いです。

ハーモニーグレイスと3rd.tall素体
ハーモニーグレイスも背中の穴が無いため後ろ側が
固定できず、腰うしろも差込みが浅め。
それ以外は問題無く取り付きます。

パーティオプロトタイプと3rd.tall素体
パーティオプロトタイプ。といっても首と胸くらいしか
つけるものありませんが・・・
ちゃんと取り付きました。尻尾付け忘れましたが
問題ないようです。

ポモックプロトタイプと3rd.tall素体
ポモックプロトタイプも同様に問題なくとりつきました。

フブキと3rd.tall素体
フブキは背中の穴が無く胸パーツの合いが悪いくらい。
公式によると腰うしろの結び目パーツが取り付かないと
ありますが、腰帯を留めているパーツに穴が2つあるので
ここを代用するのがよいでしょう。ただしコン尻尾もつけると
スタンドが使えなくなります。

アーンヴァルトランシェ2と3rd.tall素体
アーンヴァルトランシェ2は首のみ試しました。
リペバージョンは微妙にキツめくらいですが
ノーマルバージョンの方は大分キツめ。無理は禁物。

ストラーフbisと3rd.tall素体
ストラーフbisは通常版もリペ版も微妙にキツめ程度。
個体差も考えられるので無理はしない方が吉。

まお凛と3rd.tall素体
まお/凛はどちらもすんなり取り付きました。
マオチャオ/ハウリンのように緩くもありません。

フィギュメイトストラーフと3rd.tall素体
フィギュメイトストラーフ。首下側が全く違うのでダメでした。

スカイガールズMMSと3rd.tall素体
スカイガールズの面々。全て首のピンが太くてダメでした。
首にヒビが入って拡がっちゃってる肌色の方は入るものも
ありましたがやめておいた方が良いです。

2nd.MMSと3rd.tall素体
2nd.素体のシリーズであるMMSヨーコやQMAは
2nd.の首の径が全然違いピンが一回り細いのでダメでした。


52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索