~趣味の世界~
アリイ1/32オーナーズクラブのトヨタ・スープラ(改)(平成2年)を組み始めました。
見ての通りいわゆるJZA80スープラなんですが、平成2年??
80スープラは1993年からの車なので平成5年~が正しいです
が、そこはまあユルユルなアリイさんですので宇宙のように広い心で。

アリイスープラ
外箱。ジョーシンで504円なのでお手軽。このシリーズは
オモチャ置いてる電器屋さんならどこでも売ってる印象。
基本はS54BだとかスバルR2、ヨタハチといった旧車がメイン。
その中でR32GT-Rなどと共にちょっと浮いた位置にあります。

値段の安さからつい買ってしまいがちなのですが、そこには
電器屋さん売りだと大抵ヒモがかかっていて中が見られないという
酷い罠がかけられていると知るのは、買った後の事。

アリイスープラ
真っ白成型色です。塗装必須なのです。
車のプラモでは当たり前なのですが、
今時の子供が買うもんではありません。
でも、せめてシャーシ側パーツだけでも黒成型色なら
もうちょっととっつき易いのですが・・・

もう一点このキットには酷い罠があります。
上写真のフロントフェンダーに立てかけてあるホイールとタイヤ、
ちゃんとこのキットのものです。

ササッとシャーシ側だけつや消し黒で塗って軽く組み上げてみました。
このあたりは比較的新しめのお手軽キットらしく簡単に軽く組めます。
アリイスープラ
アリイスープラ
ボディもシャーシも案外良いプロポーション。
でも、アレアレ?
スープラのタイヤって225/50-16とか255/40-17とかじゃなかったっけ
これ155SR14とか6.45S-14 4PRとかそんなサイズ。
つまりこのキットのタイヤは旧車のS54とかのと同じでホイールだけ
ありもののタイヤに合わせて作られているのです。
プラモのタイヤの金型は結構メンド臭いとは聞きますがこれはあんまり。
というか(改)のくせに車高自体高すぎまさーな。

アリイスープラ
パッと見た感じ車高を落とす事自体はそれほど難しくも無いのですが、
ちょっとひと手間あってメンドい構成で、強度も出るか不安。
まあでも小さいキットなので何とかなるだろう、とヌルめに見積もっておきます。


アリイスープラ
アリイスープラ
車高を前後とも2mm程度落とした加工をしたシャーシ。
リヤ側は足回り一式がサブフレーム後ろがちゃんと入るべき位置に入らず
引っ掛かって浮いているので削ってぴったり取り付けるだけでOK・・・
なのですが前側も結構削らないとぴったり取り付かないという。
フロント側は足回り一式後ろ側の取り付け位置を削って0.5mm、残りは
結局強度無視でハブを一旦切り取って上に2mm弱ずらして接着。
ブンドドしなければ大丈夫だと思います、多分。

アリイスープラ
一方ホイールは0.5mmプラ板を外周に貼り付けてインチアップ。
元のホイール幅が5mmなので5mm(ホイールディスク面に合わせて
削ったので実質4mm)/6mm/8mmの順に3枚貼って
幅も外側へ増してゆきます。
そしてつや消し黒で塗った後スポークをブライトシルバー、
リムとセンターキャップをスターブライトジュラルミンで塗装。
砲弾マフラーも出口内側を削って薄くしてやります。

アリイスープラ
タイヤはそのまま流用できるような外径のものが無いので
エアロアールシーのタイヤをちょん切ってアロンアルファで接着。
ちなみに画像のようにはみ出すと後で酷く白化するので注意!


そして装着。やっぱ80スープラには扁平タイヤでなくては。
アリイスープラ
アリイスープラ
次はボディをヌルく手を入れてゆきます。
続く。


107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索