~趣味の世界~
APSのAK74用レイル搭載カバーです。


APSのパーツは魅力的なものが多いものの、いざ他社の銃に取り付けようとするとすんなりいかず、かなり手こずるという話を聞きます。これは単純な取り付けのトップカバーだし楽勝に決まってる、そうに決まってる。


品名シールによるとAK74タイプのトップカバー(リブが付いたもの)にタクティカルレイルとリヤサイトが付いているもの、という事でしょうか。


開封。


上述のように、リブのあるAK74タイプのトップカバー上にレイルとリヤサイトが一体化したパーツが直接取り付いているもの。AKのトップカバーというやつは上に被せてあるだけなのでガタガタなため、上にそのままレイルを取り付けたのでは光学サイトを載せてもゼロイン調整したところでズレまくってしまいます。そこで標準のタンジェントサイトの取り付け穴を利用して「比較的」しっかりと固定するようになっているトップカバーとなっています。


上面には白いレーザー刻印があります。


APSのロゴがデカデカと・・・好みの分かれるところ。


裏側。レイルはトップカバー上に2か所でネジ留めされています。カバー後端にもネジが2本刺さっていますが、これは特に機能はしていないようす。


重量は275g。カバーは鉄、レイルは多分亜鉛合金かと思います。



さて取り付ける銃はAK74ではなくCYMAのAK47タクティカル。これも標準でレイルが装備されていますが、使い勝手は良いもののあまり格好良くない(個人的な好みです)のでこれを機に交換してしまいます。


まずトップカバーとレイルを外し、タンジェントサイトも外します。サイトは前端を上から押し込んでグリッと傾けてやると外れます。


タンジェントサイトの下には板バネがあります。


取り付けネジを差し込んでみると、鍵穴状になっている穴の下側の大きい方にピッタリなサイズ。


レイル付きトップカバーを当てがいます。

穴の細くなっている上側の、更に上の位置になってしまいました。穴を拡げてやらないとダメそうです。

カバーからレイルを一旦外します。元々のカバーと比較してみますが寸法は問題になる程違いはありません。


カバーだけをとりつけてみたところ。若干違和感がありますが取り付きはします。

板バネが邪魔なので取り外そうとすると、トラニオンブロックを左右に分割するまでいかないとなりません。


ブロックの内側に型番(CM.039-)がモールドされていました。ここCYMAの他のAKと互換無いんだろうか?


トラニオンブロック上面とレイル前端を組み合わせると少しきつくて干渉があり、削ってやる必要があります。


レイル側を主に、トラニオンブロック側は内側のみを削って渋いなりに取り付け位置まで来るように削りました。この辺はどちらも亜鉛合金のようなので削りはそれほど苦労はしません。


次にサイト取り付け穴の上側を拡げてネジが通るようにしてやります。おニューのリューター(というか電動ドリルにビットが付いてるだけというか・・・)の真価を試してみるも、付属のビットに丁度良いものがなくて中々削れず少々期待外れ。棒ヤスリが一番効率が良かった・・・


ネジが通るまで削れたので組み直します。そうそう、このレイル付きトップカバーはクリンコフみたいにこの穴をピボットにしてトップカバーを開閉できるかと思いきや、トップカバー前端が刺さるトラニオンブロック後端部分が干渉して引っ掛かってしまうため、開閉はネジを外して行う必要があります。ここも期待外れ・・・同じようなタイプのレイル付きカバー装着のものではG&GのRK74なんかではちゃんと前ヒンジで開閉しているので見比べてみるとカバー前端の干渉部分が削り取られているので、トラニオンブロックに刺さずに前側はサイト基部だけで保持するのに剛性面で不安を感じないならば、素直にカバー前端を削ってしまうのが良いのでしょう。


どうもトップカバー後端下の刺さりが悪い印象。元のカバーより板が厚いのかも。


レイル前端とサイト基部をネジで結合し、レイルをカバー上へ。


若干前方にズレていてネジ留めできず。サイト基部の穴を少し後方へ拡げてやらねば・・・


削りが足りなかったのかちょっと強引めですがネジ留めできました。



どうよ!
な~んかレイルが前傾してるし、強引にネジ留めしたせいか中央で曲がってるような気が・・・サイト基部の穴を上と後方へ更に拡げてやった方がいいかも。また今度。


レイル位置が下がったのでリヤサイトは見やすくなりました。ただちょっとノッチが広くてアバウトなサイティング。


@@@




チークパッド外しても極端に尻下がりには見えなくなりました。低いタイプのチークパッドは付けておきたい感じですが、CTR/MOEストックに付けるやつは最近あまり見なくなってしまいました。

今月(2017年7月)中には出る同じCYMAのAK Zhukov(CM.077)に装備されているレイル付きカバーと同形状なので、待っていればポン付けできるやつが出回りそうな事を考えると少し早計だった気もします。買っちゃったもんはしゃーない。
515  514  513  512  511  510  509  508  507  506  505 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索