~趣味の世界~
AK用M4フロントアダプターを利用して余ってたM4系のフロントパーツを付けて仕上がったものの、やはりこの手のものは少々飽きが早いのでもうちょっと長くしてみたい、まだ余ってるあのパーツこのパーツを試したいという欲求が出てきます。


G&G CM16のフロント回りをベースにMOEハンドガードと四つ叉ハイダーからなるCQB仕様。元々重いAK47タクティカルからフロント半分が大幅に軽量化される実用性が高い姿ではありますが、お座敷シューターにはCQB仕様は飽きが早い傾向にあります。


それではメインになる部品を発掘してきましょう。まずはG&PのGP966アルミアウターバレル。


マグプルPTS MOEハンドガードミッドレングスとβプロジェクトの16インチアウターバレルに付属のミッドレングス対応ガスチューブ。


役者がそろったら早速バレルナットより前を外します。


アウターバレルを挿してデルタリングで固定し、ガスチューブを挿したところ。すんなり取り付きますが、ガスチューブはG&G CM16に付属のものに合わせて穴が開けてあるのでこのガスチューブはそれよりも若干細く、ガタつくので刺さる部分にセロテープを巻いて太らせて調整。


14.5インチアウターバレルにミッドレングスの組み合わせではM4バレルの途中の細くなっている部分にフロントサイトポストが掛かってうまく固定出来ないので、前後に短いガスブロックが必要になります。CM16をRAS化した時に付けたFMAのガスブロックをひっぱいで来ます。(RASだとガスブロックとガスチューブは別に無くても困らないので・・・)


ガスチューブに付属のピンが余っていたのでガスブロックとの固定に使い、ハンドガードキャップを通してからガスチューブとガスブロックを差し込みます。このガスブロックは下からイモネジ2本で固定するのでアウターバレルの太さが合えばどこでも固定できます。


ハンドガードを取り付けます。ガスブロックはハンドガードが取りつくように少し固定位置を前後に調整する必要があります。


G&Pのアウターバレルは正ネジなので正ネジ用の余ってるハイダーを取り付け、アウターバレルの細くなっている部分にこれまた余ってたバレルクランプタイプのバイポッドを取り付けて完成。


このハイダーは銃口が広いのでまずぶつかる心配はありませんが一応チェック。初速とサイクルもついでに計測してみました。7.4Vリポバッテリ―でサイクルが秒17.6発、初速は82~86m/s。
メカに関しては少々ヘタってきてる感はありますがしっかり動きはするので色々とVer.3用のパーツは買い込んであるもののしばらくはこのまま様子見。



この無国籍感・・・



@@@





長さ的にはバランス良くなったけれど、元のAK47の長さと変わらんような気が・・・
でもまあ飽きたらまた構成を変えれば良いのですから。



456  455  454  453  452  451  450  449  448  447  446 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索