~趣味の世界~
何となくA&Kドラグノフの多弾マグを分解します。


多弾マグは分解したことがなかったので後学のためにでも。何となく。


まず底側のネジを1本抜きます。


マガジン上部前後ののロック部分にあるイモネジを抜きます。


上側から中身を引っこ抜きます。後ろ側のイモネジで止まってた部分は別パーツで、メインの構造物を抜けないように引っ掛けてるだけでした。


ガタを取るために貼ったプラ板が分割の邪魔をしているのでカッターでカチ割ります。


ゼンマイの軸を留めている金具を軸を押し込みつつ取ります。


ゼンマイの歯車?を抜きます。


本体右側にあるネジ4本を抜きます。


モナカを開けます。


ストッパーは銃側の給弾口が傾斜の付け根の平らな部分にぶつかりまくっていたので打痕がついています。


打痕のある部分から先端までを削って傾斜を作り直します。これで銃側の給弾口がちゃんと傾斜に当たってストッパーを解除するようになるハズ。


弾の通るルートを撫でるように粗目の紙やすりでヤスって荒らしてやります。テカテカになってる方がいいのか、荒らしてやった方が滑りがどちらがいいのかは微妙なところですが・・・


全体的にシリコンオイルで拭いてやります。ヤスって荒らしたところはこれでシリコンオイルを保持するので滑りやすくなる・・・ハズ。


パーツを再配置し、閉めにかかります。


モナカを閉じます。(フタを付け忘れています・・・)


とおもったらゼンマイの歯車が刺さりません。


歯車はゼンマイ本体を一旦あけてやる必要があります。といってもフタを一枚あけるだけ。ここでうっかり板バネをほどいてしまうと面倒臭いので慎重に。モナカ片側に歯車の軸を挿し、そこへ板バネの入ったゼンマイのケースをあてがい、歯車の軸に板バネを差し込みます。


軸にうまく板バネが差し込まれたらフタを締めます。


改めてパーツを再配置。フタも忘れずに。底側後端の四角いナットも忘れずに。


モナカを締め、軸に付いていた金具を挿し直し、ネジを締めます。


マガジン外装に底板を先に差し込んでおきます。これをやらずに中身を入れてイモネジを締めてしまうと底板はゼンマイ歯車に当たって入らなくなります。


マガジン外装に中身を差し込み、イモネジの刺さる穴の位置を合わせてイモネジを刺します。


最後に底のネジを締めて完成。歯車を巻いてちゃんと回るか確かめます。


フタを開けてBB弾を流し込みます。このマガジン、販売店の記述だと220連と書いてあったのですがマニュアルだと190連と書かれています。まあたかだか30発くらい対して違わないですけど。


ゼンマイを巻くと弾がせり上がってきます。このマガジンは何回か巻いたところでバシャンと引っ掛かるように一気に上がってくる印象。スムーズに流れるように今回少し加工もしたけど、相変わらずバシャンと少し引っ掛かりがち。撃っている時に2発給弾した時もこのバシャンが聞こえるのですよね・・・多分あまり関係ないとは思うのですが。


マガジンを銃に差し込みます。ゆっくり挿してもちゃんと給弾が開始され、マガジン回りの問題はほぼ解決されたと思います。


@@@



2発ノズルの前に入ってる・・・給弾口が広すぎるのでアルミテープを貼るなどして少し狭めてやると治るとも聞いた気がするのですが・・・もうちょっと色々やらないとダメか。


463  462  461  460  459  458  457  456  455  454  453 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索