~趣味の世界~
前回までどうしても不発→2発給弾癖が治らず、さじを投げたA&Kの電動ガンドラグノフSVD-S。


諦めたんならサッと切り替えろよ!というところですが、悪い事に一つ物事を諦めるとどうしてもその事ばかりを考えがちになり、悶々とします。これを打破するには私の場合は大抵更なるお買い物なのですが、このSVD-S自体が数か月先までのお買い物禁止との引き換えといってもよろしいので何も買えません。結局引っ張り出してきてシコシコ触る事になります。


何度ググって情報収集してみても、このSVD-Sに限らず2発給弾の原因はチャンバーの内側がガバガバに広い事、解決法はチャンバー天面に窪みを作る事。しかし窪みは元々あるし、掘り足してもいます。じゃあ後なにが足りないか。「掘り足りない」掘りましょう。更に深く。


窪みを更に掘り足したもののまだ心配。あと出来る事はチャンバー内給弾ルートが広すぎるのを是正する事。しかしアルミテープを貼って給弾ルートを狭めるにしても、ここは油気がどうしてもあるので貼りつきません。瞬着をパテ代わりにしてやる事にしますが、瞬着は衝撃に弱く割れやすいのですぐ無駄になってしまわないだろうか?そんな事もあろうかと、「耐衝撃」なる瞬着を見つけてきたのでこれを給弾ルートの口の回りや、窪みとパッキンの間などに盛りつけます。


もう一つ、発射後にノズルが後退位置で止まっており、また後退しすぎているのでここへ2発流れ込みやすくなっているのでは、という点。試しにタペットプレートの羽根の先を少し切り飛ばしてノズル前進時間を早めてみます。


またノズルが下がり過ぎないように羽根の前面も少し削り、元よりノズルの最後退位置を1~2mmほど前進させます。失敗するとノズルの前に弾が入って来ず給弾不良となるリスクがあります。そしてこのタペットプレートは専用で替えが無いため危険な博打でもあります。


セミオート動作させてみると、やはり後退位置で止まってしまいます。これはもうどうしようもないようす。マガジンに弾を入れゼンマイを巻いてセットしてみると弾が途中で引っ掛かったので、マガジンの巻き上げの力で押し込まないと軽く引っ掛かる、という程度に先に盛り付けた瞬着を削って調整。
撃ってみると、どうやらこれでようやく不発→2発給弾は解消できたと判断します。(更に撃っていくうちにまた再発する可能性もあるのでしばらくは様子見)


@@@



撃って楽しむのを本戦とするなら、やっと予選通過といったところでしょう。予選で強豪と当たっちゃう事だってままある事です。苦労を楽しむくらいでないと、この趣味は中々どうして。

465  464  463  462  461  460  459  458  457  456  455 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索