~趣味の世界~
東京マルイのガスブローバックガン M4A1MWSには標準で4面レイルのハンドガードが付いています。


しかし、このハンドガードがまた握りにくい・・・上下はいいとして左右のレイルはハンドガードの前の方にだけあればいいのに・・・とこのタイプのレイルハンドガードを見る度に思うのです。
そこで「握りやすいのに換えてしまいましょう」となります。


というわけで下調べをし、ブツを用意したので分解にかかります。
まずはデルタリングを後ろ側へ引っ張りながらハンドガード下側を外し、次いで上側の後端上面にあるネジを外してハンドガード上側も外します。


ハイダーを外します。付属のハイダーはM14逆ネジタイプでゴムのOリングで角度調整がされており、イモネジでは留めてありません。


フロントサイトポストのアウターバレルとの位置決めのために刺さっているピン2本を抜きます。ピンの片側には抜け止めとしてギザギザが付いており、この個体では右側から差し込まれているので左側からピンポンチなどで叩き出してやります。


フロントサイトポストの下側にイモネジがあるのでこれをLレンチなどで緩めます。


フロントサイトポストをガスチューブごとアウターバレルの前方へズルズルっと抜き出します。ハンドガードキャップも同時に外します。


デルタリングはG&PのGP123デルタリングなどとは固定方法が違い、まず前方下側のプラスネジを抜きます。


するとギザギザと輪っか、スプリングが外れてきます。


残ったバレルナットは布や輪ゴムなどを巻いて手で回す方法もありますが、レンチを用意した方が確実でしょう。レンチは各社から色々なものが出ていますが今回はブツを色々用意するついでにエレメントのものを買ってみました。


ただ、このレンチがピッタリ合わない・・・


一か所だけは掛かるのでテコの原理で外すような要領になります。これはレビューを見聞きした感じではどこのレンチでもピッタリ合うものは無いようなので、レンチよりもナットをヘンテコサイズで作るマルイのせいにしておきましょう。


元々そんなにガチガチには締めてないのでレンチを使えば割とスカッと緩むハズです(海外製のトイガンではメチャクチャ締め込んであるものもあります)。
アウターバレルの基部は電動ガン用などとは違い細いのでここにアダプターを装着してやる必要があります。

(続く)

493  492  491  490  489  488  487  486  485  484  483 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索