~趣味の世界~
ANS OpticalのAK用サイドロックマウントですがA&KドラグノフSVD-Sのために買ったのに取りつかない!WEドラグノフSVDには取り付くのに。


もっとも全く話にならないレベルではなく、削れば何とかなりそうなので頑張って削る事にしましょう。マウント単体なら2780円だったかな?Amazonのレビュー見たらA&Kのドラグノフに普通にポン付けできたとか言ってるんですけど・・・


とりあえずウチのにはダメなので干渉していて削る必要がある部分が上の画像。トップカバー側面がレシーバー側面に掛かっている部分は厚み1.5mmくらいあるのでその分をまるまる削る必要があります。材質は亜鉛合金ぽいのですが、鉄ほどではないにせよ結構固いのでリューターと棒ヤスリでシコシコ削ります。


そうそう付属のマウントベースは大抵のAKの左側面のリベットの位置と形が合うようになっています。上画像はウチのマルイ次世代AKS74Uにベースのみを所定の位置に置いたところ。


CYMAのAK47タクティカルにマウントごと置いたところ。AK用なので当たり前ですが、あつらえたようにピッタリ。いやコレにあつらえてあるんですけれども。


レイル位置はレシーバーの直上にくるので、AKに装着する場合は左右にオフセットしたりせず普通にトップレイルとして使えるハズです。AKに使うのなら中々良いパーツだと思います。AKに使うのなら。


シコシコと削ってはSVD-Sのマウントベースにあてがい、やっとの事で取り付くようになった状態。プラモ用のリューターとヤスリじゃ非常に時間と労力が掛かるので、もしやるならもっとパワーのあるモーターツールを用意した方が良いでしょう。もう二度とやりたくねぇ・・・


前側の途中辺りにあてがい、そこから後ろへシャキーンと差し込みます。ちょっとはたかないといけない程度にフリクションは残っていますが、もう勘弁して・・・


レイルを後ろが長くなるように付け直したのですが、スコープを載せてみたら後ろ過ぎました。


レイルを元のように付け直すと大体丁度良い位置になりました。このスコープはアイレリーフがそこそこ長いのでもう少し前でもいいくらい。あとはマウントリングの取り付け位置次第でいかようにもなります。AKに取り付けるよりもレイル位置は高くなりますが、マウントリングがローマウントなのでこれで丁度良いくらいの高さになります。チークパッドは真上よりも左に傾けた方が頬への当たりが心地よいです。


@@@



かくして両方のドラグノフにスコープが付き、両方置いても格好がつくようになりました。あとは撃ちながらゼロイン調整だけれど、右にオフセットしているし楽ではないんだろうな・・・

478  477  476  475  474  473  472  471  470  469  468 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索