~趣味の世界~
コトブキヤのフレームアームズ・ガール 迅雷(じんらい)を組みたてます。


ランナーを中性洗剤で洗い離型剤をおとして乾燥させ、あとはガンプラ感覚で組むだけです。塗装は後でも出来るのでとりあえずパチ組んでしまいましょう。


頭部は基本的にはFAG轟雷の色違いなのでパーツもFAG轟雷のものが全部付属し、ポニテの無い髪型にする事も出来ます。


胴体が組みあがりました。FAGマテリアと同じ構成になっており、可動範囲はFAGマテリアに準拠します。非常に大きく動く股関節を持つ一方で胴体と腰の間で抜けやすいウィークポイントもFAGマテリアと同様。


両腕が組みあがりました。二の腕に付く装甲パーツはFAG轟雷と同様の形状のものを角度を変えて装着しているような意匠。肘から先はFAGアーキテクトの色違いです。


両足が組みあがりました。FAGマテリアの太ももにFAGアーキテクトの足が基本になっており、その上に装甲パーツを被せるような構成。太ももにハードポイントが無いためかヒザの上にあるパーツに太もも外側の装甲パーツを単純に差し込むだけの構成なのでここは可動せず、動かす上でここはやや融通が利かないと感じるかもしれません。


基本部分がくみあがりました。


残りのパーツを組みつけ、並べたところ。刃物が主で持ちきれないほどあります。


肩に付くパーツの後ろ側には刃物のうちやや大きい物のみ挟むようにしてマウント出来ます。


キャノンは腕にマウントできる他、FAG轟雷のように右肩の後ろにも装着できます。ただしFAG轟雷とは接続パーツが違うので全く同じ装着にはできず、やや右肩のパーツと干渉しがち。もっともこちらのキャノンは組み換えパターンが多様なので割と自由が利くでしょう。


大鎌。ちゃんと草刈り用の大鎌のように中間の持ち手があります。これで大鎌警察(?)が来ても安心。彼らにすればガンダムWのデスサイズみたいに肩に担ぐのはナンセンスなんだとか。


やはり脇が閉じられないので剣を両手で持つのはやや苦手な傾向にあります。これ以上肘を真っ直ぐにできません。


予約注文した時は「変な色だなぁ…」と自分好みに塗装するつもりでいましたが、組み上げてみると案外これも中々どうして。なので後はデカールと部分塗装を。

(続く)
482  481  480  479  478  477  476  475  474  473  472 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索