~趣味の世界~
チャンバー内でノズルの前に2発入り込んでしまうので少し対策を講じてみます。


ググっても効きの弱いホップ回りの事ばかりで、不発→2発給弾に関してはウチの個体だけ?


アルミテープの細切りを給弾口に貼って云々、というのはどっかで見かけたので確かにそういうトラブルもあるにはあるはず。


あと気になるのが、セミで撃った後は必ずノズルが後退位置で止まっている事。またノズルが少し下がり過ぎな気がする点。


2発給弾の対処法としてはチャンバー天面にドリルで窪みを掘って前方に弾が滑って行かないようにする方法があるのですが、元々窪みはあるし、念のため更に掘り足してもあります。


給弾口は前後に若干楕円になっているので、前後の面にアルミテープを貼ってみます。ここは油気があるのか脱脂して貼ってもうまく貼りにくい・・・


弾が行き来するのにわずかなフリクションを感じる程度に狭めてみました。


チャンバー側も。


うーん全然効果無い印象。1発ずつ出ていればキャッチターゲットにくっつくのですが、2発出ていると先の1発がくっついてもう一発は先の弾に当たって跳ね返るのですぐわかります。マルイの弾は小さめだと聞くので他社BB弾だと問題無かったりするんだろうか?でもウチではマルイの0.2gベアリング研磨で統一しているし、この銃のためだけに他の弾使ったところで面倒だし絶対混ざるし。


理屈ではセクターディレイヤーを付けるとノズルが後退している時間が長くなるのでこの場合には対処にならないと思うのですが、試してみないとわからないところもあり・・・


ドリームアーミーのセクターディレイヤーをセクターギヤにとりつけます。


メカボックスを閉じます。整備性は高いんだけどなぁ。


弾が出ません・・・ナンデ?


多弾マグのゼンマイも巻いたし、最低限ノズルの前後動で給弾だけはされてタイミングが合ってないなら銃口からこぼれるように出てくるハズなのですが・・・なんで全く出ないんだろう。


あそうそう、逆転防止ラッチはここに棒を突っ込んで上側に倒してやるとテコの原理でラッチが押されて解除できます。ホント整備性はめっちゃ良いんだけどなぁ。


ピストンの解放直前はこの位置。


ピストンのギヤにセクターギヤが掛かる前にセクターディレイヤーがタペットプレートを押し始めています。もっともここで検証したところで撃ってみたら嚙み合わなかったりするし、電動ガンのメカボックスはホント・・・何というか・・・


弾が出ないもんは出ないのでセクターディレイヤーを外します。あとできる事はなんだろう。


うん・・・もう諦めようか・・・


そうだ、タペットプレートを少し削ってノズルの下がりきる時間を減らしてみようか。タペットプレートは専用品で替えが無いのであまり加工はしたくなかったのですが、ダメ元で。ただ完全にやっちゃって発射不能になると困るので多少、最初に下がりきった後はすぐにちょっとだけ前進させておくような感じで。


カットオフレバーの前側の動きでこの穴の奥にあるスイッチの動作を切り替えているのですが、どうも動きが悪く感じる・・・


トリガーロックとかするのは大体ここのせい。セクターギヤの軸に付いてるカットオフカムで動かす重量が大きすぎると思うのだけれど・・・ガタも多くてカッチリしてないし、動きも大分ルーズ。


@@@




撃ってみると、結局効果無し。残念ながらもうお手上げです。
私のスキルでは少し荷が重い銃だった!もう弾が出るだけマシという事にしておきます。そのうちいつかきっと解決法が見つかるさ・・・

何となくA&Kドラグノフの多弾マグを分解します。


多弾マグは分解したことがなかったので後学のためにでも。何となく。


まず底側のネジを1本抜きます。


マガジン上部前後ののロック部分にあるイモネジを抜きます。


上側から中身を引っこ抜きます。後ろ側のイモネジで止まってた部分は別パーツで、メインの構造物を抜けないように引っ掛けてるだけでした。


ガタを取るために貼ったプラ板が分割の邪魔をしているのでカッターでカチ割ります。


ゼンマイの軸を留めている金具を軸を押し込みつつ取ります。


ゼンマイの歯車?を抜きます。


本体右側にあるネジ4本を抜きます。


モナカを開けます。


ストッパーは銃側の給弾口が傾斜の付け根の平らな部分にぶつかりまくっていたので打痕がついています。


打痕のある部分から先端までを削って傾斜を作り直します。これで銃側の給弾口がちゃんと傾斜に当たってストッパーを解除するようになるハズ。


弾の通るルートを撫でるように粗目の紙やすりでヤスって荒らしてやります。テカテカになってる方がいいのか、荒らしてやった方が滑りがどちらがいいのかは微妙なところですが・・・


全体的にシリコンオイルで拭いてやります。ヤスって荒らしたところはこれでシリコンオイルを保持するので滑りやすくなる・・・ハズ。


パーツを再配置し、閉めにかかります。


モナカを閉じます。(フタを付け忘れています・・・)


とおもったらゼンマイの歯車が刺さりません。


歯車はゼンマイ本体を一旦あけてやる必要があります。といってもフタを一枚あけるだけ。ここでうっかり板バネをほどいてしまうと面倒臭いので慎重に。モナカ片側に歯車の軸を挿し、そこへ板バネの入ったゼンマイのケースをあてがい、歯車の軸に板バネを差し込みます。


軸にうまく板バネが差し込まれたらフタを締めます。


改めてパーツを再配置。フタも忘れずに。底側後端の四角いナットも忘れずに。


モナカを締め、軸に付いていた金具を挿し直し、ネジを締めます。


マガジン外装に底板を先に差し込んでおきます。これをやらずに中身を入れてイモネジを締めてしまうと底板はゼンマイ歯車に当たって入らなくなります。


マガジン外装に中身を差し込み、イモネジの刺さる穴の位置を合わせてイモネジを刺します。


最後に底のネジを締めて完成。歯車を巻いてちゃんと回るか確かめます。


フタを開けてBB弾を流し込みます。このマガジン、販売店の記述だと220連と書いてあったのですがマニュアルだと190連と書かれています。まあたかだか30発くらい対して違わないですけど。


ゼンマイを巻くと弾がせり上がってきます。このマガジンは何回か巻いたところでバシャンと引っ掛かるように一気に上がってくる印象。スムーズに流れるように今回少し加工もしたけど、相変わらずバシャンと少し引っ掛かりがち。撃っている時に2発給弾した時もこのバシャンが聞こえるのですよね・・・多分あまり関係ないとは思うのですが。


マガジンを銃に差し込みます。ゆっくり挿してもちゃんと給弾が開始され、マガジン回りの問題はほぼ解決されたと思います。


@@@



2発ノズルの前に入ってる・・・給弾口が広すぎるのでアルミテープを貼るなどして少し狭めてやると治るとも聞いた気がするのですが・・・もうちょっと色々やらないとダメか。


A&Kの電動ガン、ドラグノフSVD-Sです。前回までにチャンバーパッキン交換と13:1ギヤの組み込みが済みました。


メカボックスをレシーバーの上から入れて後方から差し込み、前側を給弾口のうしろにある溝にパコッを収めます。


おおっとセレクターのパーツを入れてなかった。


えーと、あれ?どうやって入れるんだコレ。


ハハーンさてはこいつメカボックス取り出す時には外さなくていいパーツだなー?とここで気づく。


位置関係はこう。


メカボックスを収める際に干渉するのでセレクターを上へ跳ね上げて干渉する部分を避けながら収めます。メカボックスをピンやネジで定位置に固定するまではセレクターは引っ掛かってまともに動かないので慌てないように。


レシーバー下側のパネルを後ろ側から差し込み、前側を押し込みます。


トリガーガードをトリガーの後ろの穴に挿し込みます。穴の周辺に傷が付きがちだけど、トリガーガードで隠れるので気にしない。


マガジンキャッチの上の穴にピンを挿し込み、


反対側からネジを締めて固定。


セレクター後方のネジも締めます。


配線をハンドガード側との壁の穴に挿し込みます。


バレルを差し込み、左右のイモネジを締めて固定。配線がホップ調整ダイヤルに当たってダイヤルにクリックが付いてしまったけど、元々軽く動きすぎだったのでまあ、丁度いいか。


配線の先にあった配線を付け直し、あとはハンドガードとアッパーカバーを付けて完成。こうしてみると作業性自体はM4系やAKよりも余程やりやすく感じます。



早速試射。マガジンのストッパー解除不良はほぼ改善されたようす。まっすぐ飛ぶようにホップ調整して初速を測ると結構高い。


フルオートで。あれ?こんなもん?


そうでしょうそうでしょう、感覚的にもこれくらい。


今2発発射しただろう!こんなに速くない。


大体サイクルは秒13.7発。初速は96~99m/sと高め。モーターをEG1000に換えたら秒15くらいにはなりそう。



@@@




不発→2発発射はまだ頻発というくらいに出るので、まだまだ。
安定動作するまで枕を高くして寝られません。


A&Kの電動ガン、ドラグノフSVD-Sです。前回ではメカボックスを開けるところまでやりました。


メカボックスを開けたところ。ん?


おいおい何が起きたんだよコレ。


スプリングのほどけた部分を巻き直し、所定の位置に掛け直しました。


吸排気系パーツを取り出します。ピストン&ピストンヘッド、シリンダー&シリンダーヘッド、タペットプレート、ノズル。


シリンダーヘッドはパイプが下にオフセットした専用品。M14用のシリンダーヘッドと似ていますが流用したという話も聞かないので互換も無いのでしょう。


シリンダーはステンレス製のフルシリンダー。


ピストンヘッドは樹脂製6穴タイプ。前方からネジを刺してピストンボディと結合しています。


ピストン内にはスラストベアリングはありません。


タペットプレートはタペットスプリングを掛けるフックが横に付いている専用品。


ノズルは樹脂製。黒い物が透けていますが内面が汚れているだけです。


ノズル長は21mm。


ノズル径は太い部分が7mm。


細い部分が6.6mmほど。


シリンダーヘッドのパイプ外径は5.7mmくらいでしょうか。


シリンダー内径は23.8mmの汎用ノーマルサイズと思われます。


ピストンの歯はいわゆる14.5枚歯。引き始め1枚目が短くなっており、最後の1枚だけ金属歯になっているタイプ。


ノズル長と形状的には一見M4用っぽいですが内径が微妙に広く、逆にM4用ノズルはシリンダーヘッドのパイプに刺さりません。M4用など汎用はノズル内径5.45mmほどなのに対しこのSVD-Sのものは5.6~7mmほどあります。


ピストンは普通の電動ガン用汎用品と互換があるようです。吸排気系ではノズル、シリンダーヘッド、タペットプレートだけが専用品となっています。


駆動系。3つのギヤと逆転防止ラッチ、ピニオンは普通の電動ガン用と互換があります。


べベルギヤのラッチは5枚でグリス溜まりもあり、スパーギヤは厚みもちゃんとあって粗悪な印象はありません。グリスもCYMAのみたいに緑グリスを適当に盛ってあるだけとかじゃなく、アンチウェアグリスが全面に塗ってあります。


軸受けは7mm。ベアリング軸受け大好きマンなので見分けられないのですがステンレスメタルでしょうか。


モーターは外見から察するに多分「超力電机」通称机モーターのショートタイプ。


プラス端子側が赤く塗られています。この灰色の机モーターは性能的には最高速もトルクも無いただの安物なのでマルイEG1000あたりに換えてしまうのが定番。


モーターの後ろが接する部分には調整ネジがあります。A&KのSVD-Sはストックを畳んだ時に露出されるレシーバー後面にこのネジにアクセスする穴があるので調整はしやすい銃ですが、メカボックスを開けないとモーター交換が出来ないかわりにピニオンとべベルの位置関係を面倒無く調整できるメリットもあります。


思ったよりメカボックス内のやる事は大体やってある状態だったのでこちらでやれる事はあまりありません。モーターは無いのでいずれやるとして、ギヤはストックしておいたSHSの13:1ギヤに換えてしまいましょうか。セミオート主体の銃のくせにサイクルの遅さからギュイッパンギュイッパンとレスポンスが悪いので・・・


下側からではギヤが見えず、シリンダーの入る開口部からセクターギヤくらいしか触れません。スパーギヤだけは左右が狭くてシムが極薄1枚ずつしか入らず、メカボックス内壁にショリショリ当たりがちになります。


セラグリスを所々に盛り足してやるくらいであとは元通りに。今更だけど給弾トラブルはセクターディレイヤー入れる手もあったな・・・


メカボックスを閉じ、ネジをキッチリ締めます。元の状態ではネジゆるゆるになっていました。


モーターコネクターを挿します。SBDを付けるにはマイナス側はメカボックスを取り出さないと手が届かなそう。


タペットスプリングを取り付けます。ノズルを押してスムーズに動くかを確認。でもこのタペットスプリングが強すぎてノズルのの動きを悪くしてる感もしないでもない・・・


ここへスプリングを置いてから・・・


トリガーバー?を置き、ネジを締めます。このネジを締めすぎるとトリガーにトラブルが出ると聞きましたが、トリガーを取り付けてから引きつつ軽く動く限り締めてみたらガチガチに締めても平気だったので個体差もあるかも。スプリングがスヒュンスヒュン鳴くのでシリコンオイルを吹いたら静かになりました。


斜めに取りつくセレクターのパーツを取り付けます。角度は反対側のパーツと同じ。トリガー取り付けの写真を撮り忘れましたが、ここで取り付けておきます。


スプリングとスプリングガイドは油気が無かったのでシリコンオイルを吹いておきました。


スプリングとスプリングガイドをメカボックス後方から差し込み・・・


押し込んで固定パーツを挿し込み完了。


(もうちょっと続く)

A&Kの電動ガン、ドラグノフSVD-Sです。前回ではチャンバーパッキンをマルイ純正に換えましたが状況が全然好転しないので更に手をいれてゆきます。


まずはハンドガード、アッパーカバー、そしてバレルを外します。


ホップ調整ダイヤルの前のOリングをずらし、ダイヤルもどけて押しゴムを外したところ。前回かさ上げのために入れたプラ板削り出しの部品がチャンバーとチャンバーパッキンの間に挟まってホップが弱まらなくなっていました。


こんなものはポイして元の状態に戻します。どうせ20m以上の距離を撃つ機会は無いのでホップの効きが弱いくらいかまわぬ。


さてメカボックス取り出しのためにどこを触ればいいか観察。ググってもA&Kのドラグノフはエアコキばかりで電動の方はあまり情報がすんなり出てきません。


大体目星はつきました。これマルイ系のAKより分解楽かも。


AKと同様にセレクターから外してみましたが、ここは外す必要なかったようです。それが判明するのは後の事なので、今は外した状態で進めます。


セレクターの後方にある六角ネジを外します。


左側のマガジンキャッチの上くらいにある六角ネジを外します。


すると折り畳んだストックを引っ掛けるところがピンになっていて、これが引き抜けます。


トリガーガードの後ろ側をグリップ付け根から抜いて横にずらしておき、マガジンキャッチの辺りを下へ引っ張るとレシーバー下側が外れます。


メカボックスは後ろと前で噛み合ってるだけになるので、前側を少し後ろへテンションをかけながら上に持ち上げるようにしてマガジンキャッチ付近の噛み合いをパコッと外すと上にメカボックスが抜け出せるようになります。


抜け出せましたが配線が引っ掛かっています。


配線はハンドガード内でファストン端子を介している部分があるので、ここを外します。


後方とハンドガード側の壁には細い穴があり、ここを通せる端子はファストン端子くらいのもの。配線を引き直す際はここを考慮に入れなくてはなりません。


メカボックス単体にできました。見た事無いタイプのメカボックスです。


左側は開けるだけなら触らなくてもいいとはいえ、かなり独特。目立つステンレス色の金属パーツはカットオフレバーです。


一方でレシーバーはマガジンとの嵌合が上から見渡せるようになっているのでストッパーの解除不良を検証してみましょう。普通にマガジンを挿した状態では、ストッパーを押しきれていません。


マガジンを前方に押すとストッパーのスイッチが少し後退し、この状態ならストッパーは解除できるでしょう。レシーバーとマガジン後面との間にわずかな隙間ができているので、ここを埋めてやればマガジンを普通に挿してもストッパーがすんなり解除されるかと思います。


マガジン後面のレシーバーと当たる部分の、プラ製の部分に0.5mmプラ板を2枚貼り、更に0.3mmプラ板1枚を貼って微調整。前後方向のガタつきがなくなり、ストッパーの解除不良もこれで解消できている事を期待。


戻ってメカボックスの分解にかかります。このメカボックスはQDタイプで、後ろ側からスプリングとスプリングガイドが抜ける仕様になっています。六角ネジがあるのでレンチを入れて回してみますがビクともしません。


少し押し込んで、右から刺さっているピンを抜けばいいだけだったようです。


スプリングとスプリングガイドが抜けました。スプリングは汎用品だと思いますが、スプリングガイドは専用品でしょう。スラストベアリングの付いた金属製なので破損しない限り換える必要もありませんが、少し錆びているのが印象悪い・・・


メカボックスを開けるには最低でもメカボックスを挟むように付いているものを外す必要があります。まずはトリガーピンを抜いてトリガーを外します。トリガーピンは一方にギザギザが付いていて抜く方向があるので注意。


トリガーピンの前方にある斜めを向いたパーツはセレクターの動きをメカボックスを貫通して左側のパーツへ伝達するためのパーツで、これもネジを抜いて外しておきます。このパーツはフルオート動作を行うためだけにあるので、左右とも外すとセミオートオンリーになると聞きます。残る右側にあるめぼしいパーツは前後に伸びる金属パーツ。これはトリガーの動きをスイッチに伝えるトリガーバーです。セレクターがセーフ位置の時はこのトリガーバー下側の段差に引っ掛かってトリガーの動きを止めています。付いたままだと後の作業の邪魔なのでネジ2本を抜いて外しておきますが、長いスプリングが1本隠れているので失くさないように注意。


右側面の前方にはスプリングが外側に付いていますが、これは普通の電動ガンだとメカボックス内にあるタペットスプリングです。このメカボックスではタペットプレートの一部が外側に出ており、ここにタペットスプリングが掛けてあります。このスプリングも外しておきます。


モーターの端子も外しておきます。


メカボックスを開けるのに障害となるものを外し終えたらいよいよネジを抜きます。上写真のようにネジは7本あり、長さは2種類あります。


メカボックスを開きます。前端と後端で若干の引っ掛かりがありますが、飛び出すような部品はなく、比較的スムーズに開けられるハズです。

(続く)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
DD
P R
カウンター
ブログ内検索